BLOG

『壇蜜日記』に触発されて日記を綴ることにした。twitterやfacebookとは別に、毎日日記を書くことの大変さは理解しているが、敢えてチャレンジしてみる。ブログを書きながら実感しているが、僕にとって書くことは心身共に大きな疲弊を伴う。それだけ集中し、言葉を選んでいるからだと思う。日記を続けることで、この疲弊は解消されるのか試してみたい。

パンク

数ヶ月ぶりに自転車に乗ったらタイヤの空気が少なくて、近所の自転車屋で空気を入れたんだけど...、
【ここから回想シーン】
駐輪場で
「タイヤの空気、少ないじゃん。家に戻って空気入れ、持って来ようかな?でも、戻るの面倒だし...」
「そーいえば、自転車を買った店で、タダで空気入れのサービスをしてくれてたな。自転車屋に行こう!!」

自転車屋で
「『ご自由にお使いください』か。自転車屋さんが使う電動式の空気入れを使うの初めてだけど、無料開放しているくらいだから、簡単に使えるんだろうな。」
「(空気を入れながら)おっ、すげぇー。やっぱり手動のシュコシュコっていうやつとパワーが違うねぇー。」
「もっと、入れちゃおうかな。よしっ。」

そしたら、鼓膜が破れるくらいの「パーン」って爆裂音が。空気を入れすぎたみたいで、見事にパンクしました。

タダで空気を入れようとしたら、パンク修理で1,150円取られちゃいました。ショック。