BLOG

『壇蜜日記』に触発されて日記を綴ることにした。twitterやfacebookとは別に、毎日日記を書くことの大変さは理解しているが、敢えてチャレンジしてみる。ブログを書きながら実感しているが、僕にとって書くことは心身共に大きな疲弊を伴う。それだけ集中し、言葉を選んでいるからだと思う。日記を続けることで、この疲弊は解消されるのか試してみたい。

企てることに一番大事なことは何ですか?

THE INTERVIEWS「企てることに一番大事なことは何ですか?」に答えました。

katuhiko0821-商品企画


「生活者の期待を上回ること」です。

商品企画を担当し始めた当初は、「ユーザの声に応えること」と考えていました。なので、ユーザの声を収集&分析して、次の商品企画に活用していました。
ただし、2点、視座の違いがありました。

1) 生活者>ユーザ
ユーザは僕らが提供する商品をご購入いただいた方々。もちろん大切にしなければなりませんが、購入されなかった方々を直視していませんでした。

2) 期待を上回る>声に応える
言語として意識化されたユーザの声に応えるだけでは、本質の欲求(ニーズ)には応えられていません。意識が5%、無意識が95%と言われるように、それまでは5%+α(※1)にしか応えられず、満足度が高い商品を提供できていたことに自負はあるものの、「Wow」と感じる商品を提供する点では不十分だったと思います。

今は、「生活者の期待を上回ること」を常に意識しながら企てる生業に邁進していますが、期待を上回るためにも、つまり、想像を超えるために、まずは、自分自身が「知らないことを知る」という経験を大切にし、それを商品企画やマーケティングに活かしています。

(※1) 意識化された5%を分析することで、無意識の95%の一部も見えてくるため。