BLOG

『壇蜜日記』に触発されて日記を綴ることにした。twitterやfacebookとは別に、毎日日記を書くことの大変さは理解しているが、敢えてチャレンジしてみる。ブログを書きながら実感しているが、僕にとって書くことは心身共に大きな疲弊を伴う。それだけ集中し、言葉を選んでいるからだと思う。日記を続けることで、この疲弊は解消されるのか試してみたい。

2014年の目標「健康に過ごす」

2月になりました。

一年の計は元旦にあり、と言われますが、昨年も、そして、今年も目標を考えながら1月が過ぎ去ってしまいました。

この数年、自己紹介を兼ねて目標を、about.meや、twtterのプロフィール欄に記載しています。


2011年
多摩川沿いに住む38歳。 NECカシオモバイルコミュニケーションズで 「企てること」を生業としています。 2011年は、2010年に体感した「繋がり」「拡張」を 具体的な行動として結果を残します!

2012年
多摩川沿いに住む39歳。NECカシオモバイルコミュニケーションズで「企てること」を生業としています。2012年は、2011年に会社を中心とした社内外で実現した“繋がり”と“拡張”の「場」を「継続」しながら、社会に貢献するための一歩を踏み出す一年にします!

2013年
多摩川沿いに住む40歳。NECカシオモバイルコミュニケーションズで「企てること」を生業としています。2013年の目標は「続けるチャレンジ」(≠チャレンジし続ける)。やみくもにチャレンジするのではなく、現在続けているチャレンジを継続することで何かしらの答えを見つける一年にします!

自分の転機は2008年と2010年。
リーマンショックiPhoneが日本に上陸して価値観の再定義が始まった2008年にケータイの商品企画からマーケティング担当になり、それまで以上に生活者視点での未来創造に興味を抱くようになりました。2010年に「SHARE」という生活トレンドを探求し始め、ワールドカフェやフューチャーセンターなどに出会い、完全に価値創出のアプローチが「Co-Creation(共創)」に転換。311東日本大震災もあり、個人が胎動する時代を目の当たりに。さらには、個人が地域デザインに参画する時代に。「Social Good」という「いいね!」が共通価値となった現在。まさに「CSV(Creating Shared Value)」の時代。

2010年以降の4年間は、僕自身も、企業間フューチャーセンターのメンバーの一人として企業の枠を超えた活動に参画し、また、自社内でも「ムサコ大学」や「S&S; Lounge」を立ち上げ、そして、昨年からは「こすぎの大学」を通じて地域デザインにも参画するなど、自分の活動範囲が一気に広がり、充実した時間を過ごしてきました。
多くの方々に出会い、知らないことを知り、多くの気づきを得て、小さな一歩ながら行動し続けてきた、この4年間。まだまだ、現在進行形ではありますが、自分自身を「Re:デザイン」できた4年間でもあった気がします。

この4年間の体験はかけがえのない財産であり、同様の生活をこれからも末永く持続できるように、今年は、少しだけペースダウンして、一瞬一瞬を大切にしながら過ごしたいな、と考えるようになりました。3rd placeがある喜びを感じながらも、ハードスケジュールで身体的に疲れを感じた日もありました。なので、今年は、一瞬一瞬を大切に、一瞬一瞬をカラダ全体で感じながら過ごしたいな、と感じた次第です。

で、今年一年を過ごすにあたって大切にしたいキーワードが「健康」です。
身体的にも、心理的にも「健康」であり続けること。

身体的な健康は、昨年同様、ジョギングやウォーキングなどの適度な運動と、健康管理を続けること。
心理的には、喜怒哀楽を表現すること。感情で語ること。素直に毎日を楽しむこと。

もちろん、ぬるま湯な生活で一年を終えようとは考えていません。適度なストレスを与えながら、これまでのチャレンジ(活動)は継続しますし、新しいチャレンジにも挑みたいとも考えています。

このように考えることになったきっかけがあります。

身体的な健康は、「NIKE+ FUELBAND SE」の購入。
かっこよくて欲しかったのですが、iPhoneでしか使えないと思っていたので、androidの僕は諦めていたのですが、友人があっさりと「パソコンでも使えるよ」と教えてくれて、昨年末に購入。左手にFUELBANDを装着し、毎日、健康管理を楽しむようになりました。
これまでも歩数計をポケットに入れてはいたのですが、腕時計代わりに装着することで、自然と目にする機会も増えて、健康管理への意識が高まるようになっています。
同時に、目にする度に「パソコンでも使えるよ」とあっさりと教えてくれたシーンが蘇り、笑顔になります(笑)。



心理的な健康は、昨年末以来、感情を重ねる体験が増えたこと。
五感で相手や自然を感じることが増え、それと同時に、自分が素直な状態でいる心地よさを感じるようになりました。無理をしていない状態と表現した方がいいかもしれません。
昨年、一人ハイキングで三頭山や御岳山を訪れ、青空の美しさに感動したものの、数日経つと、その美しさも忘れてしまい、青空を見上げることが少なくなっていた日々でしたが、昨年末以来、夜空を見上げたり、毎日の中で自然を感じることが日常化してきた感があります。


BLOG「三頭山に一人ハイキング」
普段見上げない空だけど、見上げたら、こんなにも眩しいのかって思った。そして、木々の中から溢れるヒカリが美しすぎて感動。
普段、如何に自分が目の前しか見ないで歩いているのか、ということがわかりました。たまには、一呼吸おいて、空を見上げることも大切なんだなぁーって思いました。


前置きが長くなってしまいましたが、今年の自己紹介&目標は以下にしました。

多摩川沿いに住む41歳。NECで、次代のNECらしさを可視化することを生業としています。2014年の目標は「健康に過ごす」。心身ともに健康だからこそ、感じられることがあるし、今続けているチャレンジも素直に楽しめるはず。素直な考動の先にある、素直な結果を楽しみにしながら一年を過ごします。


今年一年も、よろしくお願いいたします!