BLOG

『壇蜜日記』に触発されて日記を綴ることにした。twitterやfacebookとは別に、毎日日記を書くことの大変さは理解しているが、敢えてチャレンジしてみる。ブログを書きながら実感しているが、僕にとって書くことは心身共に大きな疲弊を伴う。それだけ集中し、言葉を選んでいるからだと思う。日記を続けることで、この疲弊は解消されるのか試してみたい。

『東京近郊の山ハイク』4コース目「高尾山」

昨年から始めた一人ハイキング。

数年かけて『東京近郊の山ハイク』で紹介されている全22コースを制覇したいという思いを馳せるようになってきました。



これまでに、三頭山、御岳山、大楠山を楽しみ、今回は「高尾山」に。Future Innovation Cafeや「こすぎの大学」でご一緒している辻さん主催の「山歩きしたいわ」(山歩きし対話)に参加。当日は9名が参加。

イベント名にある「たいわ」。参加者との対話に加えて、山・草花・空という自然との対話も楽しんでほしいという意味が込められているそうです。辻さんの優しさや想いに溢れたネーミングや設計に共感。

4月12日、天気にも恵まれて最高のコンディションの中でスタートした山歩き。人気の高尾山。山桜が満開な季節ということもあり、いつも以上に登山客も多いため、高尾駅からバスに乗って小仏口から高尾山に向かう混雑が少なくて歩きやすい、そして、高尾山を十二分に体感できるコースを選択。

当日は自然と対話すべく、ネイチャーゲームの「コウモリとガ」「宝探し」も体験。
一人ハイキングでは決して楽しむことができない、仲間と一緒になっての自然の楽しみ方を満喫しました。

高尾駅に9時に集合し、10時から山歩きをスタートし、17時前に下山。6時間以上の山歩きは疲れましたが、ご一緒した方々や自然との対話が本当に楽しかったです。企画してくださった辻さんをはじめ、ご一緒させていただいたみなさん、ありがとうございました!


椿

新芽。春を感じる一枚。

山桜 その1

山桜 その2

すみれ

かえで

アオキ

桜と山桜のツーショット