BLOG

『壇蜜日記』に触発されて日記を綴ることにした。twitterやfacebookとは別に、毎日日記を書くことの大変さは理解しているが、敢えてチャレンジしてみる。ブログを書きながら実感しているが、僕にとって書くことは心身共に大きな疲弊を伴う。それだけ集中し、言葉を選んでいるからだと思う。日記を続けることで、この疲弊は解消されるのか試してみたい。

DVD『ハナミズキ』


ゴールデンウィークに突入。娘は小学校、妻も買い物に出掛け、一人でまたーりと自宅で過ごす時間ができたので、DVD『ハナミズキ』を観ました。



水産高校進学校という環境の違い、北海道と東京での長距離恋愛、破産、父の死、離婚、ようやくお互いに歩む道を見つけ始めた途端の恋人の死、・・・。
自分は何をしたいのかを模索する日々。そして、何かのきっかけを見つける度に起こる出来事。将来に不安を感じながら生き続ける二人。

日々の流れに身を委ねて生きること。未来から振り返れば肯定できることも、今の段階では不安でしかない。あるタイミングではバッドエンドなことも、もう少し年月が経てばハッピーエンドになることもあります。もちろん、その逆もある。長い年月の経験からしか見つからないことの大切さや切なさを感じさせてくれた作品でした。そして、長い年月の経験から何かを見つけられた時、お互いに交わす言葉は、やっぱり「ありがとう」なんだと感じた作品でもありました。

<あらすじ> ※wikipediaより
夢のために東京の大学受験を目指す紗枝と漁師の家業を継ぐ為に励んでいる康平は奇妙な縁から出会いお互い想い合うようになる。しかし東京に上京した紗枝と釧路に残った康平は遠距離恋愛を始めるも、それぞれのすれ違いから別れを選ぶことになってしまう。そしてそれぞれの道を進む2人は再び出会うこととなった。