BLOG

『壇蜜日記』に触発されて日記を綴ることにした。twitterやfacebookとは別に、毎日日記を書くことの大変さは理解しているが、敢えてチャレンジしてみる。ブログを書きながら実感しているが、僕にとって書くことは心身共に大きな疲弊を伴う。それだけ集中し、言葉を選んでいるからだと思う。日記を続けることで、この疲弊は解消されるのか試してみたい。

『アドルフに告ぐ』(作:手塚治虫)


大好きな『アドルフに告ぐ』をKindleでも読了。




良い作品は何度読んでもワクワク&ドキドキしますね。大学生の時に出会った『アドルフに告ぐ』。それまでも『火の鳥』などを読むことはありましたが、なんとなく苦手だった手塚治虫作品...。ですが、『アドルフに告ぐ』に出会って衝撃を受け、その結果、手塚治虫の他作品の良さも感じるようになりました。

大学生時代にハードカバー版を購入。友だちに貸しまくった結果、行方不明に。その後、文庫本版を購入。これは、まだ自宅にあります。そして、今回、Kindle版が格安だったこともあり購入し、再読。一気に読破してしまいました。


アドルフに告ぐ』ハードカバー版

アドルフに告ぐ』文庫本版


アドルフに告ぐ』の魅力は、人間の“愛”と“愚かさ”を伝えてくれるところと感じています。峠草平が弟(勲)を想う兄弟愛や、本田大佐の息子(芳男)と仁川三重子の恋、桂浜で戦死した恋人を待ち続けるるお桂など。個人と個人の間に成立する愛の純粋さ。
一方、民族主義などの集団心理。自分たちの文化に誇りを抱くと同時に、他の文化も受け止めて尊重する関係性、つまり、多様性を前提とした関係性は好ましいですが、何らかの環境要因により、多数決によりデジタルな判断がされ、戦争や紛争という悲しい選択をする愚かさ。会社の中も同様。いつの間にか、見えない組織の壁ができてしまい、排他的な思考になってしまうことが多々ある。

有限な資源。お互いに否定し合って奪い合うのではなく、限られた資源を如何に活用して価値を共創していくか、そんな未来が正しそうだと歴史が証明してくれている。世代や性別を超えて、さらには人間か動物かも問わず、過去か現在か未来かという時間軸も超えて、多様性を尊重することの大切さ、答えは一つだけではないということを教えてくれる手塚治虫作品。

今、『ブッダ』もKindleで再読中です。手塚治虫作品の奥深さと同時に、作品を超えて、手塚治虫の一貫性あるメッセージを、ワクワク&ドキドキしながら受け止めています。