BLOG

『壇蜜日記』に触発されて日記を綴ることにした。twitterやfacebookとは別に、毎日日記を書くことの大変さは理解しているが、敢えてチャレンジしてみる。ブログを書きながら実感しているが、僕にとって書くことは心身共に大きな疲弊を伴う。それだけ集中し、言葉を選んでいるからだと思う。日記を続けることで、この疲弊は解消されるのか試してみたい。

『意識をデザインする仕事』(著:須藤シンジさん)


川崎市と街づくりで包括協定を締結したピープルデザイン研究所。(※1)
その代表である須藤シンジさんによる著書『意識をデザインする仕事』。

(※1) 川崎市とピープルデザインがまちづくりで包括協定 (2014年7月18日)
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/building/news/20140717/671351/




僕のピープルデザインとの出会いは、川崎市副市長 三浦淳さんとの出会いと一緒に訪れました。2014年2月に「こすぎの大学」の先生役をお願いするために、三浦副市長さんと事前打合せ。その際に、ワクワクドキドキする街づくりの構想と共に、ピープルデザインのコミュニケーションチャームを紹介していただきました。




その後、2014年5月の第9回「こすぎの大学〜武蔵小杉を知る、つくる〜」で三浦副市長さんに先生役として登壇していただいた以来、「そうだ、川崎市議会に行こう!」の活動、今日のグリーンバード川崎チーム×ピープルデザイン研究所さんコラボのゴミ拾いなどを通じて、川崎市に関わる機会が増え、そして、ピープルデザインとの距離が近づいてきた中、明日の「こすぎのナイトキャンパス読書会」では『意識をデザインする仕事』が課題図書に。なんという巡り合わせ!!!

そして、僕の場合、Kindle版でないと読書が進みづらいのですが、4月8日発刊という新書でありながらKindle版も同時発売されており、うれしすぎです♪紙媒体と電子媒体が同時発売されることも、きっと、ピープルデザインなんですよね。

僕自身、インクルーシブデザイン(※2)やフューチャーセンターとの出会いを通じて、多様性を前提としたライフスタイルを探求していることもあり、「心のバリアフリー」という“意識のデザイン”に感銘を受けましたし、共感した一冊でした。オススメの一冊です。

最後になりますが「違いは個性、ハンディは可能性」という言葉。本当に、そうだと共感します。

(※2) インクルーシブデザイン・ソリューションズさまとの商品開発のためのユーザリサーチ
http://i-d-sol.com/case/

インクルーシブデザインによるワークショップ風景
(インクルーシブデザイン・ソリューションズさんのホームページより)



<気になったキーワード>


  • 街や社会をデザインするのは、そこに住まう僕たち自身。当事者意識、主体者意識
  • 積んできた経験やスキルなどの「知恵」を「恵み」に変換
  • 家族と共に過ごすための「時間」こそ、自分にとって最も重要なもの。
  • 心のバリアフリー
  • ファッションやデザインはあくまでも手段。目的は、障がい者と健常者が混ざり合っているのが当たり前の世界。
  • Make people think. (人々を考えさせる)
  • 機能と価格ではない、社会性という価値。
  • 違いは個性、ハンディは可能性。
  • シビック・プライド (Civic pride)。都市や街に対する誇りや愛着。
  • 知人とのコラボレーションにビックリ!シブヤ大学の左京泰明さん、フューチャーセッションズの野村泰彦さん、富士通研究所の岡田誠さん、他。
  • ワークライフバランスでなく、ワークライフインテグレーション(=公私混同)。
  • 次の世代にバトンを渡す行為こそが、僕たちにとって最大の仕事。



<構成>


  • はじめに
  • 「人生の時間」の発見
  • 「ピープルデザイン」が生まれるまで
  • 「次なる潮流」をつくるために
  • 福祉の概念を打ち破る新しいビジネス
  • 「思いやり文化」を再起動せよ
  • ピープルデザインをとおしたモノづくり
  • ピープルデザインをとおしたコトづくり
  • ピープルデザインでマチづくりを
  • ピープルデザインでシゴトづくり・ヒトづくり
  • 仕事はすべて「未来」のためにある