BLOG

『壇蜜日記』に触発されて日記を綴ることにした。twitterやfacebookとは別に、毎日日記を書くことの大変さは理解しているが、敢えてチャレンジしてみる。ブログを書きながら実感しているが、僕にとって書くことは心身共に大きな疲弊を伴う。それだけ集中し、言葉を選んでいるからだと思う。日記を続けることで、この疲弊は解消されるのか試してみたい。

【日記】2015年2月2日(月)「君のとなりに」

311東日本大震災の2日前に購入した詩集『君のとなりに』。初めて購入した詩集でした。
311東日本大震災を経て不安定だった僕のバランスを戻してくれた一冊でもありました。そして、当時と同様の気持ちになりかけていることもあり、読み返すべく、本棚から取りました。

静かな無
あなたのとなりに
いる人は
あなたより先に
この世を去るでしょう
あなたは悲しみ
一日中泣くでしょう
何日も何カ月も
心がからっぽになるでしょう
あなたのとなりに
いる人は
あなたのとなりに
静かな無を残し



後藤健二さんの奥さまの言葉が、僕の胸に突き刺さっています。

皆様おわかりいただけるように、私たち家族にとってとても困難な時です。メディアの皆様、どうか私たちのプライバシーを尊重し、夫の死を受け入れられるまでの時間をいただければと思います。


The Huffington Post
後藤健二さん妻「夫を誇りに思う」 支援団体通じ声明【イスラム国】
http://www.huffingtonpost.jp/2015/02/01/wife-of-kenji-goto_n_6589524.html


f:id:katuhiko0821:20150202222955j:plain