BLOG

『壇蜜日記』に触発されて日記を綴ることにした。twitterやfacebookとは別に、毎日日記を書くことの大変さは理解しているが、敢えてチャレンジしてみる。ブログを書きながら実感しているが、僕にとって書くことは心身共に大きな疲弊を伴う。それだけ集中し、言葉を選んでいるからだと思う。日記を続けることで、この疲弊は解消されるのか試してみたい。

【日記】2015年2月8日(日)「一期二会」

昨年末に購入した「ScanSnap」。名刺管理サービス「eight」との連携もできることから、時間がある時に溜まった名刺を少しずつスキャンしていました。

 

2006年頃からの名刺が溜まりに溜まっていました。約10年分。

大掃除の時のアルバムと一緒でついつい見入ってしまい、中々、スキャンする手が進まないですね(笑)。「あっ、この人、懐かしいなぁ」とか、「この人にサポートしてもらったなぁ」とか、「この人、誰だっけ?」と名刺を見つめながらも思い出せないまま1分以上経過したり。

 

これまではスマホのカメラで撮影して「eight」には約1,000枚が登録されていたのですが、今回、新たに約2,000枚が追加されて合計2,746枚。

 

スキャンしながら思い出したのは、今やムーブメントとなっている「チャンバラ合戦~戦IKUSA~」を企画運営している株式会社TearsSwitchの米田真介さんの言葉「一期二会」。撮影ボランティアをしながらヒッチハイクで日本一周。多くの出会いを通じて一期一会を感じつつ、本当に大切な人とは二度会う運命にあると実感したそうです。だからこそ、「一期一会」以上に「一期二会」を大切にするようになったとのことでした。

 

約2,000枚の名刺をスキャンしながら、ぶっちゃけ思い出せない方々も多くいらっしゃいました。それと同時に、共通体験の思い出が頭に浮かぶ方々も多くいらっしゃいました。「一期二会」の大切さを実感した名刺のスキャニングの時間でした。

 

p.s.

名前と顔を覚えるのが苦手な僕です。同じ方と2日連続で名刺交換したこともありました。本当にすみません...。今回、名刺管理をしながら同じ名刺が何枚も出てきました。本当にすみません...。

 

ScanSnap

http://scansnap.fujitsu.com/jp/

 

名刺管理サービス「eight」

https://8card.net/

 

f:id:katuhiko0821:20150103171239j:plain