BLOG

『壇蜜日記』に触発されて日記を綴ることにした。twitterやfacebookとは別に、毎日日記を書くことの大変さは理解しているが、敢えてチャレンジしてみる。ブログを書きながら実感しているが、僕にとって書くことは心身共に大きな疲弊を伴う。それだけ集中し、言葉を選んでいるからだと思う。日記を続けることで、この疲弊は解消されるのか試してみたい。

【日記】2015年3月8日(日)「自然の脅威と、自然の美しさ」

第17回「こすぎの大学~武蔵小杉を次世代につなぐ~」で先生役を務めていただいた辻さんが主催される「山歩きしたいわ」。高尾山、大山に続き、今日は、湯河原の幕山へのハイキングに参加させていただきました。

 

天気が心配されたものの、雨も降らず、徐々に天気も快復し、心地よいハイキング。初めてお会いする方が多かったですが、晴れGentlemanや晴れLadyがいらっしゃったんでしょうね。

 

とにかく梅がキレイでした。白、ピンク、赤の梅が満開。満開の梅林の中を歩く時はトンネルのように感じ、山を登りながら麓の梅林を眺めると絨毯のように感じ、その美しさに引き込まれた今日でした。

 

311東日本大震災から、もうじき4年。

自然の脅威と、自然の美しさを考えながら今週を過ごしたいと思います。

 

f:id:katuhiko0821:20150308224047j:plain

 

 

あれから、もうじき4年。

4年前の今日。2011年3月8日のツイートより。

「共生・共創」という生活トレンドを探求する「キラキラPJ」の最終ワークショップ日だった様子。