BLOG

『壇蜜日記』に触発されて日記を綴ることにした。twitterやfacebookとは別に、毎日日記を書くことの大変さは理解しているが、敢えてチャレンジしてみる。ブログを書きながら実感しているが、僕にとって書くことは心身共に大きな疲弊を伴う。それだけ集中し、言葉を選んでいるからだと思う。日記を続けることで、この疲弊は解消されるのか試してみたい。

【日記】2015年3月13日(金)「2つのインタビュー」

今日は2つのインタビューに対応。

午前中は社内で「働き方」に関するインタビューを受け、夜は「こすぎの大学」のインタビューを受ける“予定”でした。

 

“予定”と書いたのは、「こすぎの大学」では僕らがインタビューに応えることは一切なく、結果として「こすぎの大学」参加者の方々が対応し、インタビュアーの方は満足して帰られたから。

 

事前に何を伝えようか考えていたので少し戸惑いながらも(笑)、参加者の方々が僕らの代わりに受け応えしてくださり、そして、インタビュアーの方も満足されたということが何よりもうれしく感じた今夜でした。

校長先生や教頭先生の話より、生徒の話の方が楽しいですよね。

校長先生や教頭先生の話がつまらないことは月曜日の朝礼が証明している訳だし(笑)。

 

 

f:id:katuhiko0821:20150314014032j:plain