BLOG

『壇蜜日記』に触発されて日記を綴ることにした。twitterやfacebookとは別に、毎日日記を書くことの大変さは理解しているが、敢えてチャレンジしてみる。ブログを書きながら実感しているが、僕にとって書くことは心身共に大きな疲弊を伴う。それだけ集中し、言葉を選んでいるからだと思う。日記を続けることで、この疲弊は解消されるのか試してみたい。

【日記】2015年3月27日(金)「全裸じゃないドラえもん」

等々力緑地の桜並木。桜のつぼみが大きく膨らみ、きっと、この週末にたくさんの桜が咲きそうな気配。そして、来週は桜のトンネルを自転車でピューっと駆け抜けながら通勤できそうで、今から楽しみで待ちきれない感じ。

朝だけでなく、帰りの夜桜のトンネルも楽しみ。

 

そんなことを考えながら蕾が膨らんだ桜並木の横にあるのが、メインスタンドがリニューアルされた等々力陸上競技場。川崎フロンターレのホームグラウンド。「こすぎの大学」を企画運営している僕ですが、未だに試合を観たことがないのは内緒(笑)。

 

リニューアルと同時にスタンド入り口に設置された藤子・F・不二雄作品のキャラクターたち。

先日気づいた時に、うれしくなって写真をパチリとしたのですが、今日、改めてパチリとして、初めて気づきました。ドラえもんがユニフォームを着てる。裸じゃないドラえもんを初めて見ました。しかも、上半身だけ。普段は全裸なのに上半身だけユニフォームを着た姿を見ると、なぜかドキドキしますね(笑)。

 

二歩進んで三歩下がる怒涛の年度末ですが、なんだかんだと一つずつ仕事を終え、平常心を取り戻しつつある最近です。

 

 

f:id:katuhiko0821:20150328001310j:plain