BLOG

『壇蜜日記』に触発されて日記を綴ることにした。twitterやfacebookとは別に、毎日日記を書くことの大変さは理解しているが、敢えてチャレンジしてみる。ブログを書きながら実感しているが、僕にとって書くことは心身共に大きな疲弊を伴う。それだけ集中し、言葉を選んでいるからだと思う。日記を続けることで、この疲弊は解消されるのか試してみたい。

【日記】2015年10月19日(月)「歩=止まる+少ない、大会=大きな+出会い」

『しくじり先生俺みたいになるな!!』でのホリエモンのアイアンマンレースへの挑戦。トライアスロンで一番過酷なアイアンマンレース。スイム3.8Km、バイク180Km、ラン42.195Km。ホリエモンがゴールを迎えて語った言葉「何度も諦めかけたのですが頭の中に浮かんできたのは、支えてくれた仲間たちの顔でした」。レースの違いはありますが、100Km歩け歩け大会を終えて、僕も同じ感想を抱いています。

 

・・・と、ここまで日記を綴った時に気づいた「歩け歩け大会」を構成する漢字。

 

歩 = 止まる + 少ない

大会 = 大きな + 出会い

 

歩くことは、瞬間的に見れば止まっているのとほぼ変わらない小さなことですが、その積み重ねは大きな出会いに繋がる。これからも一歩一歩を積み重ねながら、出会いを大切にしていきたいと思います。改めて支えてくださった、みなさんにお礼申し上げます。ありがとうございました!

 

 

f:id:katuhiko0821:20151019222841j:plain