読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BLOG

『壇蜜日記』に触発されて日記を綴ることにした。twitterやfacebookとは別に、毎日日記を書くことの大変さは理解しているが、敢えてチャレンジしてみる。ブログを書きながら実感しているが、僕にとって書くことは心身共に大きな疲弊を伴う。それだけ集中し、言葉を選んでいるからだと思う。日記を続けることで、この疲弊は解消されるのか試してみたい。

『人気ブログの作り方』(著:かん吉)

読書

『壇蜜日記』に触発されて毎日綴り始めた日記。綴り始めて1年が近づき、読み始めた『人気ブログの作り方』。アクセス数を伸ばしたいという気持ちがあった訳ではないのですが、少しでも多くの方々に見ていただいて『壇蜜日記』のように誰かを触発することができればと思って読んだ次第でした。

 

f:id:katuhiko0821:20151108231603j:plain

 

「量は質を凌駕する。量が質に転化する。」は、毎日日記を書いていることが肯定された気持ちになりました。

また、「人々が本当に知りたい情報は、結果でなく成長の過程である」とのこと。2008年のiPhone上陸がきっかけとなり、2010年からダイバシティによる共創活動に転換し、人生の第二章を歩み始めて5年が経とうとしているのですが、僕の人生第二章を通じて、自分自身が気づき、そして、誰かにも気づきを与えられればいいなぁーと思った次第です。

 

 

気になったキーワード

 

  • 商品を紹介する記事で、商品名をタイトルにするのではなく、「商品を買った後に待っている快適で素晴らしい生活」をイメージできるようなタイトルを心がける
  • 量は質を凌駕する。量が質に転化する。
  • 世の中、「やった組」と「やらなかった組」しか存在しない
  • 続けるには、続けるしかない
  • タイトルの最後を「~の方法」「~の理由」にする
  • ネット上で存在感を出していくには、「自分が主役」のブログを目指すべき。自分の視点を意識して、自分の言葉で語る。
  • 行動のすべてを「自分の価値=自分のブランド」につなげる
  • 普段から考えていることは、たいしたネタにはならない。結局、誰でも考えつく話題になる。無理やりひねり出したネタこそが本当のオリジナル。
  • 文字に書いた夢は実現する
  • 自分のブログに多くのアクセスを集めたい、人気ブログに育てたいと思えば、これから自分が達成したい目標をメインテーマにする。内容は仮説でいい。自分で実践して実証すればよい。人々が本当に知りたい情報は、結果でなく成長の過程である。
  • 200円の利益を得るには、紙の書籍だと印税が10%なので2,000円で販売する必要がある。Kindleの電子書籍は印税が70%なので、290円で販売すればよい。

 

 

構成

 

はじめに

  1. これからブログを頑張ろうと思う人へ。まずは三ヶ月毎日書く。話はそれからだ。
  2. ツイッター時代に注目される、ブログ記事タイトル9つのルール
  3. 人気ブログになるためにただ一つ考えるべきこと
  4. ソーシャル時代において「ブログ」の重要性がさらに増す理由
  5. SEO終了のお知らせ
  6. ブログでアフェリエイトをやってはいけない理由
  7. ソーシャル時代を勝ち抜く「ブログタイトル」の決め方
  8. 文章力が無くても、面白いブログ記事を書く秘訣
  9. ブログのアクセス数を半年で12倍にした私の戦略
  10. ブログはすべて「レビューブログ」に帰結する
  11. 自分の活動の実績はしっかり残す。ブログを人生の母艦にする考え方
  12. 面白いネタは日々の生活の中にこそある
  13. ブログを成長させるには、成長レベルに合わせた施策が必要だという話
  14. 良い生地を書いていればブログは成長するとは限らない
  15. ブログ成功の本当の理由
  16. すべては読者のために
  17. 半年続けても上手く回らないと感じるブログは、方向修正した方が良いかもしれない
  18. 同じことを何度も書く重要性

おわりに