BLOG

『壇蜜日記』に触発されて日記を綴ることにした。twitterやfacebookとは別に、毎日日記を書くことの大変さは理解しているが、敢えてチャレンジしてみる。ブログを書きながら実感しているが、僕にとって書くことは心身共に大きな疲弊を伴う。それだけ集中し、言葉を選んでいるからだと思う。日記を続けることで、この疲弊は解消されるのか試してみたい。

【日記】2015年11月27日(金)「企画編集ユニット「6355」」

「こすぎの大学」の企画運営メンバーである、企画編集ユニット「6355」のメンバーと次年度の活動計画に関するミーティング、そして、忘年会。

 

2013年9月に開校した「こすぎの大学」。2年以上が経ちますが、企画運営メンバー同士でも知らないことが多々あり、新しい発見があって楽しかったです。

「保育園の娘がルパン三世にハマっているの?」「リケジョ(=理系の女子)だったの?」「スターウォーズにハマっているの?」「お台場の博物館にハマっているの?」等々。

 

お互いに知らないことがありながらも、阿吽の呼吸というか、暗黙の了解というか、お互いに行間を読み合いながら補完し合って「こすぎの大学」を2年以上も継続できているのってスゴイことのように感じます。そこには、お互いの尊重と信頼がベースにあるからだとも思います。感謝です。

 

f:id:katuhiko0821:20151128010213j:plain