BLOG

『壇蜜日記』に触発されて日記を綴ることにした。twitterやfacebookとは別に、毎日日記を書くことの大変さは理解しているが、敢えてチャレンジしてみる。ブログを書きながら実感しているが、僕にとって書くことは心身共に大きな疲弊を伴う。それだけ集中し、言葉を選んでいるからだと思う。日記を続けることで、この疲弊は解消されるのか試してみたい。

【日記】2016年1月28日(木)「武蔵小杉をつなぐが、つながり続けた今日。」

帰宅したらポストに入っていた「かわさき市政だより/なかはら区版」。

 

2月27日(土)開催「中原区コミュニティフォーラム」の案内が掲載されていました。

タイトルは「世代をつなぐ、小杉をつなぐ」。

参加団体として「こすぎの大学」も紹介されていました。うれし♪

 

中原区コミュニティフォーラムの2週間前、2月12日(金)に開催する第32回「こすぎの大学」。サブタイトルは「武蔵小杉をつなぐ Vol.2」。

おーっ、偶然なんだけど必然な感じで、うれしさ倍増。

 

そして、第32回「こすぎの大学~武蔵小杉をつなぐ Vol.2~」が定員に達したため、募集人数を2倍にして、会場変更が決まった今日。うれしさがさらに倍!、ってクイズダービーな感じ。

うれしさがつながり続けた今日でした。感謝です。

 

 

f:id:katuhiko0821:20160129000848j:plain