BLOG

『壇蜜日記』に触発されて日記を綴ることにした。twitterやfacebookとは別に、毎日日記を書くことの大変さは理解しているが、敢えてチャレンジしてみる。ブログを書きながら実感しているが、僕にとって書くことは心身共に大きな疲弊を伴う。それだけ集中し、言葉を選んでいるからだと思う。日記を続けることで、この疲弊は解消されるのか試してみたい。

【日記】2016年2月12日(金)「帰り道」

今日は、第32回「こすぎの大学~武蔵小杉をつなぐ Vol.2~」。先生役はNPO法人CRファクトリーの呉哲煥さん。テーマの「武蔵小杉をつなぐ」のとおり、新しい出会いに溢れた場でした。ありがとうございました。

 

そして、懇親会の後、駐輪場に向かう帰り道。暗闇の中、前から颯爽とした近づく自転車。「オカポン、じゃあね!」という爽やかな挨拶。地元で挨拶してもらう、うれしさ。このうれしさは、ハンパないです。家族以外の人と繋がれるうれしさが地元愛につながりますね。

「こすぎの大学」に参加してくださったみなさん、今宵もありがとうございました。

そして、帰り道に挨拶をしてくださったクロちゃん、ありがとうございました。

暗くてわかりづらかったですが、クロちゃんですよね?(汗)

 

 

f:id:katuhiko0821:20160213011150j:plain