BLOG

『壇蜜日記』に触発されて日記を綴ることにした。twitterやfacebookとは別に、毎日日記を書くことの大変さは理解しているが、敢えてチャレンジしてみる。ブログを書きながら実感しているが、僕にとって書くことは心身共に大きな疲弊を伴う。それだけ集中し、言葉を選んでいるからだと思う。日記を続けることで、この疲弊は解消されるのか試してみたい。

【日記】2016年2月13日(土)「小春日和・・・ではないんですね」

昨日までの寒さがウソのような暖かい一日。

準備したダウンジャケットも着ることがなく、自転車も手袋なしで乗れちゃった一日。自転車で感じる風も寒くなく、気持ちいいくらい。

 

「小春日和だなぁー」と帰りの自転車を楽しみつつ、今、日記を書きながら「小春日和」をwikipediaで調べてみると・・・、

 

小春日和(こはるびより)は、晩秋から初冬にかけての、暖かく穏やかな晴天である。

 ※wikipediaより

 

冬から春にかけてのポカポカ陽気を指す言葉ではないんですね。勉強になりました。

 

 

f:id:katuhiko0821:20160213222841j:plain