BLOG

『壇蜜日記』に触発されて日記を綴ることにした。twitterやfacebookとは別に、毎日日記を書くことの大変さは理解しているが、敢えてチャレンジしてみる。ブログを書きながら実感しているが、僕にとって書くことは心身共に大きな疲弊を伴う。それだけ集中し、言葉を選んでいるからだと思う。日記を続けることで、この疲弊は解消されるのか試してみたい。

【日記】2016年5月24日(火)「喜怒哀楽」

表裏一体。喜びと怒りは一緒に、哀しみと楽しみも一緒に訪れることを痛感した一日。

できない理由の百貨店や虎の威を借りる狐に出会ってテンションやモチベーションが一気に旧落下な一日でした...。できない理由を並べたり、虎の威を借りたい理由もわかるんだけど、見栄見栄が見え見えすぎて同情の気持ちも沸々と湧きながらも自分の気持ちには逆らえず...。

 

そんな中、長い間、苦楽を共にした仲間からプレゼントをいただき、今日一日をバランスを保って終えることができそうです。ありがとうございました。

 

 

f:id:katuhiko0821:20160524231520j:plain