BLOG

『壇蜜日記』に触発されて日記を綴ることにした。twitterやfacebookとは別に、毎日日記を書くことの大変さは理解しているが、敢えてチャレンジしてみる。ブログを書きながら実感しているが、僕にとって書くことは心身共に大きな疲弊を伴う。それだけ集中し、言葉を選んでいるからだと思う。日記を続けることで、この疲弊は解消されるのか試してみたい。

【日記】2016年5月31日(火)「川崎市市民ミュージアム(続き)」

会社からの帰り道。

市民ミュージアムの手前に横たわる原付バイク。そして、両手で大きな岩を大切そうに抱え上げ、そっと、歩道に置いた運転手。

 

よく見ると岩ではなく、大きな亀。亀を囲みながら、バイクの運転手としばし歓談。

 

以前も同様のことがありました。twitterを遡って検索してみたら2012年6月8日の出来事。この季節になると亀の散歩が始まるんですかね?

 

 

 

f:id:katuhiko0821:20160531192343j:plain