BLOG

『壇蜜日記』に触発されて日記を綴ることにした。twitterやfacebookとは別に、毎日日記を書くことの大変さは理解しているが、敢えてチャレンジしてみる。ブログを書きながら実感しているが、僕にとって書くことは心身共に大きな疲弊を伴う。それだけ集中し、言葉を選んでいるからだと思う。日記を続けることで、この疲弊は解消されるのか試してみたい。

【日記】2016年10月13日(木)「記録の効果」

明後日に迫った三河湾チャリティ100Km歩け歩け大会。ドタバタなドタバタな毎日で明後日というのは理解しつつも、頭と身体が不一致な状態。

そのような中、昨年の日記を読み返してみたり。大会参加後に、こんなことを書いていたんですね。僅か1年で忘れてた...(痛)。今年で5回目のチャレンジ。毎回、違う気づきがあります。今年は、どのような気づきに出会うのか、楽しみになってきました。そして、日記を振り返りながら&書きながら、頭と身体の不一致が解消され始めました。

 

 

「歩け歩け大会」を構成する漢字。

 

歩 = 止まる + 少ない

大会 = 大きな + 出会い

 

歩くことは、瞬間的に見れば止まっているのとほぼ変わらない小さなことですが、その積み重ねは大きな出会いに繋がる。これからも一歩一歩を積み重ねながら、出会いを大切にしていきたいと思います。

 

f:id:katuhiko0821:20161014001240j:plain