BLOG

『壇蜜日記』に触発されて日記を綴ることにした。twitterやfacebookとは別に、毎日日記を書くことの大変さは理解しているが、敢えてチャレンジしてみる。ブログを書きながら実感しているが、僕にとって書くことは心身共に大きな疲弊を伴う。それだけ集中し、言葉を選んでいるからだと思う。日記を続けることで、この疲弊は解消されるのか試してみたい。

【日記】2016年10月18日(火)「100Kmを挑戦し続けるモチベーション」

先週末に参加した三河湾チャリティ100Km歩け歩け大会。

初めて挑戦した年に一緒に練習し、一緒に挑戦した神村さんから「5年連続で出場している事自体に大拍手」というメッセージを頂戴して、うれしかったです。そして、僕にとっては神村さんとの練習や挑戦がすごく印象深く、当時を振り返っていました。

 

初めての練習。東京から横浜まで30Kmの道のり。途中、コンビニがない道が続いて、ようやく見つけた商店(八百屋?)で買ったトマトをかじった時の美味しさ。練習のゴール地点、横浜で大学生たちと一緒に飲んだビールの美味しさ。僕は52Kmでギブアップ、神村さんは膝を壊しながらも100Kmを完歩し、翌日、車イスで中国に出張に。この時、僕は自分の甘えを実感しました。もう少し歩けたのではないだろうか?

この時の思い出が、2回目、3回目と挑戦し続けるモチベーションになっていました。

 

 

f:id:katuhiko0821:20161018235639j:plain