読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BLOG

『壇蜜日記』に触発されて日記を綴ることにした。twitterやfacebookとは別に、毎日日記を書くことの大変さは理解しているが、敢えてチャレンジしてみる。ブログを書きながら実感しているが、僕にとって書くことは心身共に大きな疲弊を伴う。それだけ集中し、言葉を選んでいるからだと思う。日記を続けることで、この疲弊は解消されるのか試してみたい。

【日記】2016年10月21日(金)「14年の月日、そして、3年の空白。」

日記

NECカシオモバイルコミュニケーションズの解散会だった今宵。

僕がケータイ事業の商品企画部門に異動になったのは1999年10月。最初に担当したモデルがN502it。2013年10月に今の部門に異動となるまで、ケータイやスマホを通じたモバイルコミュニケーションの楽しさや可能性に没頭した14年間でした。

2013年7月末、NECカシオモバイルコミュニケーションズはスマホ事業からの撤退を発表。その後、当時のメンバーは、お互いにどこに行ったかわからないくらいに異動の波に流されました。それから3年の月日を経て、今宵は解散会。久々にあう仲間たち。僕の拠り所はここなんだなぁーと感じました。久々なのに、昨日まで一緒に仕事をしていた感覚で挨拶したり。3年前と違って白髪が増えた方が目立ったのは、3年間の色々な体験からなんでしょうね。解散会というタイトルであったものの、これまでも、そして、これからも仲間なんだと感じあえた今宵でした。ありがとうございました。

 

写真は2013年9月末にNECカシオモバイルコミュニケーションズを去る時に、挨拶のメールに添えた写真。思い出のかたまり。

 

 

f:id:katuhiko0821:20161021235046j:plain