BLOG

『壇蜜日記』に触発されて日記を綴ることにした。twitterやfacebookとは別に、毎日日記を書くことの大変さは理解しているが、敢えてチャレンジしてみる。ブログを書きながら実感しているが、僕にとって書くことは心身共に大きな疲弊を伴う。それだけ集中し、言葉を選んでいるからだと思う。日記を続けることで、この疲弊は解消されるのか試してみたい。

【日記】2016年11月30日(水)「多摩川飲み下り、多摩川飲み渡り」

昨日(11/29)の話。

久々に参加した「こすぎナイトキャンパス読書会」。今回で第90回とのこと。継続は力なり、ですね。企画運営サイドの柔軟な姿勢が継続の秘訣なんだと感じたり。

 

で、課題図書は『多摩川飲み下り』。奥多摩から始まって、多摩川沿いに移動しながら、立川・武蔵溝ノ口・武蔵小杉・川崎などで「呑む」ことの体験記。武蔵溝ノ口の「たまい」や、新丸子の「三ちゃん食堂」も登場。好きなように呑んで、そして、多摩川沿いに新たな発見をしたり。自分が呑んでいる、歩いている気分になれる一冊でした。

 

読書会の場所は、丸子橋を渡り、多摩川沿いにある「タマガワダイナー」。美味しい料理とお酒、そして、『多摩川飲み下り』の本。楽しい会話。脱線して、中々、『多摩川飲み下り』の話ができなかったり(笑)。

 

帰りは、丸子橋から夜の多摩川を見ながら東京から神奈川に戻って。「多摩川飲み渡り」な帰り道でした。

・・・と書きつつ、行く前もE PRONTOで千ベロしてました。フィッシュアンドチップス、ビール、ハイボールで1,000円。「多摩川飲み渡り」な往復でした。

 

f:id:katuhiko0821:20161129212516j:plain