BLOG

『壇蜜日記』に触発されて日記を綴ることにした。twitterやfacebookとは別に、毎日日記を書くことの大変さは理解しているが、敢えてチャレンジしてみる。ブログを書きながら実感しているが、僕にとって書くことは心身共に大きな疲弊を伴う。それだけ集中し、言葉を選んでいるからだと思う。日記を続けることで、この疲弊は解消されるのか試してみたい。

【日記】2016年12月15日(木)「話し方、そして、ダイバシティとインクルージョン。」

今年を振り返る訳ではないですが、今年は、正しいと思って伝えていることが拒絶されるシーンを見る機会が多かったです。少しだけ話し方を変えるだけで、ちゃんと伝わるのになぁーと思ったり。

拒絶される方々に共通しているのは「自分だけが正しい」という一方的なスタンス。「自分も正しいけど、相手も正しい」というスタンスになるだけで解決することが多い。相手の「いいね!」「だよね!」を確認しながら話す。

 

ダイバシティ(多様性)とインクルージョン(包含)はセット。ダイバシティという言葉が氾濫した今年。ダイバシティが大切にされる時代だからこそ自己主張する方も増えたけど、相手を認めて包含するインクルージョンも大切だと実感している今年であり、今日でした。

 

f:id:katuhiko0821:20161215230727j:plain