BLOG

『壇蜜日記』に触発されて日記を綴ることにした。twitterやfacebookとは別に、毎日日記を書くことの大変さは理解しているが、敢えてチャレンジしてみる。ブログを書きながら実感しているが、僕にとって書くことは心身共に大きな疲弊を伴う。それだけ集中し、言葉を選んでいるからだと思う。日記を続けることで、この疲弊は解消されるのか試してみたい。

【日記】2016年12月22日(木)「天気が一変すると思い出す」

朝の天気から一変して武蔵小杉駅に着いたら雨が降っていて。バスに乗って降りたら強風と大雨。台風みたい。バス停から自宅まで僅か1分で傘をさしていたのにびしょ濡れに。

 

天気が一変しての「あちゃちゃ」な体験をすると、2014年の大雪を思い出します。この時の「あちゃちゃ」に比べると、今日のびしょ濡れはなんてことないと思えたり、思えなかったり...。

 

 

f:id:katuhiko0821:20161222234148j:plain