BLOG

『壇蜜日記』に触発されて日記を綴ることにした。twitterやfacebookとは別に、毎日日記を書くことの大変さは理解しているが、敢えてチャレンジしてみる。ブログを書きながら実感しているが、僕にとって書くことは心身共に大きな疲弊を伴う。それだけ集中し、言葉を選んでいるからだと思う。日記を続けることで、この疲弊は解消されるのか試してみたい。

【日記】2017年3月12日(日)「継続や蓄積の重み」

期末の提出書類の作成でバタバタ。バタバタしながらも、一つずつ完成してきており、ゴールも見えてきた感じ。2013年9月に開校した「こすぎの大学」。昨年、これまでの活動を通じてのノウハウをまとめた「市民参加型街づくりコミュニティのノウハウ集」を公開し、今年1年間の活動を通じての新たなノウハウを追加したバージョン2.0も完成しました。継続や蓄積をしたからこそのアウトプット。このノウハウ集は公開していますが、継続や蓄積したからこそ見えてくること、理解できることがあります。それが「重み」や「深さ」なんでしょうね。

 

f:id:katuhiko0821:20170312221319j:plain