BLOG

『壇蜜日記』に触発されて日記を綴ることにした。twitterやfacebookとは別に、毎日日記を書くことの大変さは理解しているが、敢えてチャレンジしてみる。ブログを書きながら実感しているが、僕にとって書くことは心身共に大きな疲弊を伴う。それだけ集中し、言葉を選んでいるからだと思う。日記を続けることで、この疲弊は解消されるのか試してみたい。

【日記】2017年7月4日(火)「武蔵小杉、そして、武蔵新城へ」

NECでの仕事を終えて、武蔵小杉で「こすぎの大学」の第1回目に参加してくださった富士通デザインの加藤さんと情報交換。2013年9月にスタートした「こすぎの大学」。第2回以降は集客をしていませんが、第1回目だけは集客をしました。その時のお声かけしたのが加藤さんでした。そんな加藤さんと共に、これまでの約4年間の「こすぎの大学」を振り返る情報交換というか、ノウハウ交換。

その後は、場所を武蔵新城に移して千ベロフェアに「こすぎの大学」の仲間たちと楽しみました。

「こすぎの大学」を始める前には想像できなかった時間の過ごし方。第1回目があったからこそ、今日があります。加藤さん、そして、「こすぎの大学」を通じて知り合った方々に感謝です。今宵も、ありがとうございました♪

 

f:id:katuhiko0821:20170704234040j:plain