BLOG

『壇蜜日記』に触発されて日記を綴ることにした。twitterやfacebookとは別に、毎日日記を書くことの大変さは理解しているが、敢えてチャレンジしてみる。ブログを書きながら実感しているが、僕にとって書くことは心身共に大きな疲弊を伴う。それだけ集中し、言葉を選んでいるからだと思う。日記を続けることで、この疲弊は解消されるのか試してみたい。

【日記】2017年7月25日(火)「1,002日目」

毎日日記を綴り続けて1,000日を超えました。
この数か月、書くことがなく、途中から1,000日目で日記を止めようかと思っていました。日頃、会社では「社会感度を高めるように」と言い続けている自分なのに、自分自身の感度が鈍っている証拠...。社会感度を高め続けるためにも、日記を綴り続けるようにします。

1,000日目はゴールでなく通過点。折り返し地点なのか、序盤なのか、終盤なのかもわからないけど、少なくても綴り続けている限りはゴールに近づいているということ。前進はしていても後退はしていない。

 

f:id:katuhiko0821:20170726001331j:plain