BLOG

『壇蜜日記』に触発されて日記を綴ることにした。twitterやfacebookとは別に、毎日日記を書くことの大変さは理解しているが、敢えてチャレンジしてみる。ブログを書きながら実感しているが、僕にとって書くことは心身共に大きな疲弊を伴う。それだけ集中し、言葉を選んでいるからだと思う。日記を続けることで、この疲弊は解消されるのか試してみたい。

『昭和天皇物語』(著:能條純一)

明治維新で日本の社会が変わり、その後の文明開化、大正デモクラシー。同時に日清戦争と日露戦争、そして、第一次世界大戦。「大日本帝国」として形作られた日本に対して、皇室の内側だけでなく、日本という社会の中の一人として新しい時代を築いていく昭和天皇。昭和天皇の幼少期の学びがあったからこそ、日本は第二次世界大戦後に占領されながらも独立できたのだと感じる一冊。

 

http://livedoor.blogimg.jp/squibbon/imgs/b/6/b6a08463.jpg

 

昭和天皇物語(1) (ビッグコミックス)

昭和天皇物語(1) (ビッグコミックス)