BLOG

『壇蜜日記』に触発されて日記を綴ることにした。twitterやfacebookとは別に、毎日日記を書くことの大変さは理解しているが、敢えてチャレンジしてみる。ブログを書きながら実感しているが、僕にとって書くことは心身共に大きな疲弊を伴う。それだけ集中し、言葉を選んでいるからだと思う。日記を続けることで、この疲弊は解消されるのか試してみたい。

『流血の魔術、最強の演技』(著:ミスター高橋)

暴露本と呼ばれているけど、読み終えての感想は「やっぱり、プロレスラーはスゴい。プロのレスラーである」でした。観客を魅了する、観客の記憶に残せるのは「真剣勝負」だからこそ。プロレスの醍醐味は受け身。相手を傷つけることを望んでいない。ジャイアント馬場さんが愛される理由を改めて理解しました。

 

 

流血の魔術 最強の演技 (講談社+α文庫)

流血の魔術 最強の演技 (講談社+α文庫)