BLOG

『壇蜜日記』に触発されて日記を綴ることにした。twitterやfacebookとは別に、毎日日記を書くことの大変さは理解しているが、敢えてチャレンジしてみる。ブログを書きながら実感しているが、僕にとって書くことは心身共に大きな疲弊を伴う。それだけ集中し、言葉を選んでいるからだと思う。日記を続けることで、この疲弊は解消されるのか試してみたい。

【日記】2018年2月9日(金)「思いの伝播」

昨日(2/9)開催、第62回「こすぎの大学」。「武蔵小杉の水源地、山北町」と題して、先生役 島崎薫さんに山地酪農にかける思いを語っていただきました。「20代の私にできること」を通じて、多くの方々が挑戦するきっかけになりたいという言葉。過去は変えられないけど、未来は変えられる、自分たちで創造できるんです♪という思いが会場全体に伝搬された時間でした。
そんな島崎薫さんの思いを本園大介さんが可視化してくださいました。
最後には、この思いが凝縮された模造紙を島崎薫さんにプレゼントするというサプライズ♪
島崎薫さん、本園大介さん、そして、多くの参加していただいたみなさま、ありがとうございました!

 


f:id:katuhiko0821:20180210135044j:image