公ではブランド戦略を、私では地域デザインを。

『壇蜜日記』に触発されて日記を綴り続けた1260日の記録。仕事の新しいプロジェクト対応で日記を中断した2018年4月。公私混合(Work Life Integration)を掲げながらも公私がバラバラになった日記最後の日。ブログのタイトル変更と共に、また、公私混合な日々を取り戻していく。 公ではブランド戦略を、私では地域デザインを。Work Life Integration. Brand Strategy & Social Design.


多摩川沿いに住む47歳。公(NEC)ではブランド戦略を、私(川崎)では地域デザインを生業にしています。2020年の目標は「体幹を鍛える」。2019年に掲げた「丁寧に時間を過ごす」を継続し、自分の軸を意識しながら身体・思考・行動・時間のすべてにおいてバランスよく過ごす一年にします。

https://www.katsuhiko0821.com


川崎

今、大学生たちに僕が伝えられること、伝えたいこと

東京都市大学 情報工学部 知能情報工学科 芝正孝特任教授の授業でゲスト登壇させていただくことになりました。 芝さんから頂戴したお題は「従来の枠組みを超えたオープンイノベーション」。会社の枠を超えて地域デザインにも取り組んで相乗効果を生み出して…

航空写真で比べる昭和57年と令和2年の武蔵小杉

横浜の実家に。4か月ぶりかな?両親の元気な姿に一安心。 実家で航空写真集『空からかながわ』に夢中に。昭和57年に撮影。ついつい自宅を探しちゃいますね。そして、Google Earthで現在の姿と比較してみたり。同じ構図で比べると38年の違いが明確になります…

こすぎの大学を通じて増えた関係人口

2018年2月の第62回「こすぎの大学~武蔵小杉の水源地、山北町~」以降、山北町にバスツアーしたり、宮川敦さんの部活動「山北部」で稲刈り体験に訪問したりと山北町との関係を深めていますが、山北町とのご縁を繋いでくださった元川崎市副市長 三浦淳さんを…

今月もオンライン授業で開催した「こすぎの大学」

第90回「こすぎの大学」。先生役は黒瀬義敏さん(クロちゃん)、テーマは「武蔵小杉でおせっかい」。クロちゃんのライフワークであるおせっかいに関する話。誰かの想いを応援してお互いに幸せになる秘訣やロジックを紹介してくれました。 COVID-19の影響で3…

こすぎの大学オンライン部活動第1弾「焼辰部」

COVID-19による緊急事態宣言、外出自粛要請でリアルに活動ができない「こすぎの大学」。これは僕らだけでなく、日本国民全員が向き合っている共通の問題。特に飲食業界は死活問題。毎月第2金曜日の夜、こすぎの大学を終えた後、懇親会で集う僕らの憩いの場「…

こすぎの大学オンライン部活動第2弾「健康部」

COVID-19による緊急事態宣言、外出自粛要請でリアルに活動ができない「こすぎの大学」。 3月は授業を中止(延期)にしたものの有志で僕らの憩いの場「焼辰」さんに集まって懇親会を開催。zoomで実況中継してオフラインとオンラインを取り混ぜながら楽しみま…

川崎モラルのメンバーとのオンライン同窓会で語り合ったこと

川崎モラルの企画運営メンバーで久々の同窓会。オンライン同窓会。 「川崎モデルの次は“川崎モラル”でシビックプライドに溢れる街へ」をコンセプトに立ち上げた川崎モラルは、2015年4月の「美しい街、川崎。」を皮切りに、「参加する街、川崎。」「食で育む…

武蔵溝ノ口が舞台のヒーロー漫画があったとは・・・(驚)

“自宅まで通勤”の途中、自宅近くの同人誌印刷「ねこのしっぽ」(工場)に貼ってあるポスターを写真撮影。ずっと前から気になっていた『天体戦士サンレッドN』。シュールな絵柄に加えて、気になっているのは「溝の口周辺が舞台のヒーローギャグ漫画」という紹…

川崎モラルを通じて得たこと、そして、今、活かすべきこと

こすぎの大学を通じて、武蔵小杉から川崎に活動範囲が広がりました。 こすぎの大学(2013年〜) 川崎市議会に行こう!(2014年〜) 川崎モラル(2015年〜) そもそも会議 in Kawasaki(2016年〜) 新型コロナウィルス対策で緊急事態宣言も発表されて、あらゆ…

こすぎの大学、初めての完全オンライン授業

今日のこすぎの大学は、新型コロナウィルス対策で非常事態宣言の中、初めての完全オンライン授業となりましたが、先生役 ハンモックヨガstudioTRENDYオーナー 吉川由維さんの指導のもと、65名の参加者の方々と一緒にヨガと瞑想で免疫力を向上することができ…

「市民参加型街づくりコミュニティのノウハウ集」を更新しました

2013年9月にスタートして6年半が経った「こすぎの大学」。 企画編集ユニット6355の仲間や参加者のみなさんと一緒に培った地域コミュニティに関するノウハウ。2016年から公開し始めたノウハウ集。ノウハウの数も最初は18でしたが、毎年更新し続けて37になりま…

カフェ難民になりやすい武蔵小杉

週明け(明日)までのタスクが満載すぎて、久々にテンパった週末。 自宅だと寝ちゃうので外に退避。退避したくても新丸子のコワーキングスペース「You+」が閉店してからはカフェしか退避場所がなく、スタバに行ってばっかり。でも、混雑していて、中々、入…

パワポに向かってるだけや一度だけのワークショップだけでは未来を創造できない

2017年度からスタートしたNEC未来創造会議。3年目となる2019年度の活動を一覧できます。ぜひ、ご覧ください。 future.nec ひとつひとつの活動を鮮明に思い出すことができます。どれもが印象深く、しかも、単発で終えなかったことがうれしいですし、こだわり…

「できないことを体験する」で得た気づき「相互扶助の自然発生」

川崎市が推進する「かわさきパラムーブメント」。その一つの施策である「かってにおもてなし大作戦」。いよいよ、僕が担当する小杉・新城会場の本番の日。 2/22(土)川崎会場(鹿島田駅前広場)2/23(日)小杉・新城会場(武蔵新城 PASAR BASE他)2/29(土…

Shiritori in Silence 三禁・絵しりとりを楽しもう

川崎市が推進する「かわさきパラムーブメント」。その一つの施策である「かってにおもてなし大作戦」。今年も川崎各地でマイプロジェクトがお披露目されます。 2/22(土)川崎会場(鹿島田駅前広場)2/23(日)小杉・新城会場(武蔵新城 PASAR BASE他)2/29…

コミュニティの温故知新

まちづくりカフェたかつ。とても温かい空間。こまちぷらす 大塚朋子さんから優しいメッセージ。川崎市が推進している新しいコミュニティ施策「まちのひろば」。こういう空間や時間の過ごし方が日常にある豊かさ。スタートして、まだ30分も経っていないのに幸…

競争より応援することを大切にしたい

第87「こすぎの大学」の先生役はGrowSports代表理事 田口祐貴さん。現役の800メートルランナーであり、同時にスポーツを通じて「心と身体の成長」を伝え続ける27歳。数々の体験から発せられる言葉は深みがあるし響きました。陸上競技は孤独を感じる個人競技…

澄み切った青空と、台風19号の痕跡が残る多摩川河川敷

義父が急逝し、その対応に追われた一週間。日常の生活感を取り戻すために多摩川を散歩。空を見上げれば、雲ひとつない澄み切った青空。一方、目線を下げて多摩川の河川敷を見ると昨年10月の台風19号の痕跡が未だに残っています。 亡き義父への思いも心に残り…

こすぎの大学のホームページをリニューアル

こすぎの大学のホームページをリニューアルしました。こすぎの大学を開校したのが2013年9月、ホームページを開設したのが2014年2月。開設以来、デザイン変更をしておらず、6年を経て初めてのリニューアル。 ホームページ制作に使用しているサービスはjimdo。…

個人や家庭の悩みはそれぞれだし、その解決方法もそれぞれ。同様に個人や家庭の幸せもそれぞれ。

2月になりました。今日はポカポカ陽気。 先週は会食続きで飲みすぎだったこともあり、身体もお酒を欲していなくてベランダ生活でもコーヒーを飲みながら、読書(マンガ)。最近ハマっている『金魚妻』。女性の漫画家が描く不倫の話。芸能ニュースで不倫が話…

二枚目の名刺で挨拶する頻度を計算したら感謝の気持ちでいっぱいに

公私を融合させた(公私混合)な楽しみ方や働き方を探求し続けている僕ですが、その一つの証として二枚目の名刺があります。 僕の最初の二枚目の名刺は「企業間フューチャーセンターLLP」。当時、名刺のデザインも担当。 その後、「こすぎの大学」の名刺も作…

夢は追っていいのか?「答えは一つではない」という言葉に大人が救われた。

8月からゲストメンターとして参加していた「川崎ワカモノ未来PROJECT」。高校生が考えて実践したマイプロジェクトの数々を12月のハナサクPresentationで発表し、プロジェクトとしては終了。 katuhiko0821.hatenablog.com 一部のマイプロジェクトは継続して実…

アイデアをアクションに繋げていくために【2020年バージョン】

昨年11月のNECの公開空地を活用した「しもぬまべこどもナイト」を踏まえて、継続的な活動にするためのワークショップを開催。下沼部地区の町内会や子ども会などから多くの方々に集まっていただきました。 www.itscom.co.jp 思い出すのは2年前のNECとこすぎの…

アイデアをアイデアで終わらせずアクションに繋げることに拘り続けたからこそ

NECのfacebookで連続投稿中のNEC未来創造会議の記事。 2017年度からスタートしたNEC未来創造会議。2017年度は国内外の有識者による会議が中心、2018年度は公開オーディション形式で募った未来創造プロジェクトを立ち上げて有識者会議の問い&仮設を立案、201…

かってにおもてなし大作戦!(第2期)のフィールドワーク

昨年度に続いてサポーターとして参加している川崎市オリンピック・パラリンピック推進室主催「かってにおもてなし大作戦!」。2月下旬に市民主体で様々なマイプロジェクトを実践するイベント(本番)に向けて、今日はリードユーザーと共に日本民家園をフィー…

令和2年、台風19号の爪痕

終日寝ていたこともあり、夕方に少しだけ自宅周辺の多摩川を散策。野球少年たちの姿が復活し始めましたが、未だに台風19号の多くの爪痕が残っていて自然の驚異を再認識しました。同時に台風19号のあの日、多摩川は決壊直前でしたが、ギリギリ決壊を防いでく…

こすぎの大学、アイヌ、東京オリンピック・パラリンピック

2020年最初のこすぎの大学。テーマは「武蔵小杉とアイヌ文化」。先生役はアイヌ文化伝承者 惠原詩乃さん。幼少期の惠原さんは自分がアイヌであることを隠していたとのこと。アイヌが差別され、貧困の連鎖から抜け出せなかった悲しい歴史があるのが理由とのこ…

まちづくりカフェたかつ「コミュニティを通じて変化した街への愛着」

3月14日(土)まちづくりカフェたかつにゲストスピーカーとして参加します。テーマは「コミュニティを通じて変化した街への愛着」。ホワイトデーということもあり、これまでの感謝の気持ちをお返しするのに良いタイミング。 ご興味&お時間がありましたら、…

こすぎの大学、100回に向けて

2020年のこすぎの大学。2013年9月に開校して6年が過ぎました。2020年1月は第86回。毎月1回ずつの開催なので2020年12月は第97回。2021年3月に100回目を迎えるんですね。継続は力なり。継続するコツも経験値として自信を抱いて言えるようになりました。 一人で…

第85回「こすぎの大学~武蔵小杉の令和元年を紙芝居で振り返る~」

昨日のこすぎの大学のタイトルは「武蔵小杉の令和元年を紙芝居で振り返る」。先生役はこくごレストラン 笹山麻美さん。笹山さんの紙芝居を見たり、参加者全員で4コマ紙芝居を作って発表したり。そんな様子をグラレコ。今年のはじめの頃はテキレコ(テキスト…