公ではブランド戦略を、私では地域デザインを。

『壇蜜日記』に触発されて日記を綴り続けた1260日の記録。仕事の新しいプロジェクト対応で日記を中断した2018年4月。公私混合(Work Life Integration)を掲げながらも公私がバラバラになった日記最後の日。ブログのタイトル変更と共に、また、公私混合な日々を取り戻していく。 公ではブランド戦略を、私では地域デザインを。Work Life Integration. Brand Strategy & Social Design.


多摩川沿いに住む46歳。公(NEC)ではブランド戦略を、私(川崎)では地域デザインを生業にしています。2019年の目標は「丁寧に時間を過ごす」。2018年に掲げた「熱量」。熱量高く過ごせた一方で大切な何かを置き去りにしてしまったのも事実。自分自身と家族のためにも丁寧に時間を過ごす一年にします。

http://www.katsuhiko0821.com


【日記】2015年2月8日(日)「一期二会」

昨年末に購入した「ScanSnap」。名刺管理サービス「eight」との連携もできることから、時間がある時に溜まった名刺を少しずつスキャンしていました。

 

2006年頃からの名刺が溜まりに溜まっていました。約10年分。

大掃除の時のアルバムと一緒でついつい見入ってしまい、中々、スキャンする手が進まないですね(笑)。「あっ、この人、懐かしいなぁ」とか、「この人にサポートしてもらったなぁ」とか、「この人、誰だっけ?」と名刺を見つめながらも思い出せないまま1分以上経過したり。

 

これまではスマホのカメラで撮影して「eight」には約1,000枚が登録されていたのですが、今回、新たに約2,000枚が追加されて合計2,746枚。

 

スキャンしながら思い出したのは、今やムーブメントとなっている「チャンバラ合戦~戦IKUSA~」を企画運営している株式会社TearsSwitchの米田真介さんの言葉「一期二会」。撮影ボランティアをしながらヒッチハイクで日本一周。多くの出会いを通じて一期一会を感じつつ、本当に大切な人とは二度会う運命にあると実感したそうです。だからこそ、「一期一会」以上に「一期二会」を大切にするようになったとのことでした。

 

約2,000枚の名刺をスキャンしながら、ぶっちゃけ思い出せない方々も多くいらっしゃいました。それと同時に、共通体験の思い出が頭に浮かぶ方々も多くいらっしゃいました。「一期二会」の大切さを実感した名刺のスキャニングの時間でした。

 

p.s.

名前と顔を覚えるのが苦手な僕です。同じ方と2日連続で名刺交換したこともありました。本当にすみません...。今回、名刺管理をしながら同じ名刺が何枚も出てきました。本当にすみません...。

 

ScanSnap

http://scansnap.fujitsu.com/jp/

 

名刺管理サービス「eight」

https://8card.net/

 

f:id:katuhiko0821:20150103171239j:plain