公ではブランド戦略を、私では地域デザインを。

『壇蜜日記』に触発されて日記を綴り続けた1260日の記録。仕事の新しいプロジェクト対応で日記を中断した2018年4月。公私混合(Work Life Integration)を掲げながらも公私がバラバラになった日記最後の日。ブログのタイトル変更と共に、また、公私混合な日々を取り戻していく。 公ではブランド戦略を、私では地域デザインを。Work Life Integration. Brand Strategy & Social Design.


多摩川沿いに住む46歳。公(NEC)ではブランド戦略を、私(川崎)では地域デザインを生業にしています。2019年の目標は「丁寧に時間を過ごす」。2018年に掲げた「熱量」。熱量高く過ごせた一方で大切な何かを置き去りにしてしまったのも事実。自分自身と家族のためにも丁寧に時間を過ごす一年にします。

http://www.katsuhiko0821.com


2018年を振り返る③「先輩や仲間との別れ 2018年―愛着はあるけど執着しない」

僕にとっては4回目の構造改革による大切な先輩や仲間との別れでした。

 

katuhiko0821.hatenablog.com

 

「2018中期経営計画」(2016年4月)の途中で見直した「2020中期経営計画」(2018年1月)で3,000人の人員削減を発表。この1年間は何とも表現し難い空気感を感じていました。

僕自身も転職を考えて、実際に転職活動もしました。

 

入社したNECホームエレクトロニクスがなくなった時(1999年)も、NECカシオモバイルコミュニケーションズがなくなった時(2013年)も、NECグループに異動、いや、拾っていただき、感謝の気持ちしかありません。なので、NECに全力投球してきました。

そんな中、今年2月に登壇した第45回TTPS勉強会「働き方を変えるシリーズ~Willを実現する場~」でNECとこすぎの大学の関係性を紹介した際、NECの存在について質問されました。参加者との対話を通じて「NECには愛着はあるけど執着しない」という一つの結論に至りました。

NECが取り組む社会価値創造型企業への変革。その取り組む姿を発信するNEC Vision。2016年度・2017年度とプロジェクトリーダーを通じて自分ができることはやりきったこともあり、2018年度は次の世代にプロジェクトリーダーを委譲しました。2月は、すでに助走期間として実質移譲していたこともあり、自分の貢献領域がないのであれば執着しないことがNECと自分のためだと考えて転職活動を始めました。

※この転職活動に関しても別途書きたいと思います。

 

katuhiko0821.hatenablog.com

 

そんな時に会社から任された「未来創造プロジェクト」。この話は、これまでも何回も書いているので割愛しますが、自分の中では「執着しなかった」ことの結果を出すという責任と覚悟を抱きながら全力投球した9か月間でした。

 

katuhiko0821.hatenablog.com

 

そんな感じで迎えた12月最終日。多くのことを学んだ先輩や仲間たちがNECを卒業していきました。NECを卒業されたことをお祝いすると同時に、NECで一緒に仕事できないことが寂しいというのが本音です...。より大きなフィールドでご一緒できると理解しつつも、寂しい気持ちでいっぱいです。

 

 

今、僕にできることは、未来創造プロジェクトで掲げたシンギュラリティ後の2050年に“人が生きる、豊かに生きる”未来像である「意志共鳴型社会」の実現に向けて取り組むことで、みんなの未来だけでなく、NECの未来を創り上げていくことだと責務を感じています。

 

今日、NECを卒業された先輩や仲間の方々には、只々、感謝の気持ちを伝えることしかできません。これまでも、ありがとうございました。そして、これからも、よろしくお願いいたします。

 

f:id:katuhiko0821:20181228232936j:plain