BLOG

『壇蜜日記』に触発されて日記を綴ることにした。twitterやfacebookとは別に、毎日日記を書くことの大変さは理解しているが、敢えてチャレンジしてみる。ブログを書きながら実感しているが、僕にとって書くことは心身共に大きな疲弊を伴う。それだけ集中し、言葉を選んでいるからだと思う。日記を続けることで、この疲弊は解消されるのか試してみたい。

『サラリーマンは早朝旅行をしよう!平日朝からとことん遊ぶ「エクストリーム出社」 』(著:日本エクストリーム出社協会)


夏季休暇中に読書しようとAmazonでポチッとしたKindle本、4冊。

  • 『サラリーマンは早朝旅行をしよう!平日朝からとことん遊ぶ「エクストリーム出社」』(著:日本エクストリーム出社協会)
  • 『喜婚男と避婚男』(著:ツノダ姉妹)
  • 『ビジネスを蝕む思考停止ワード44』(著:博報堂ブランドデザイン)
  • 『夢は9割叶わない。』(著:弘兼憲史)

 

一週間の夏季休暇中にすべてを読み終えることはないと思っていましたが、実際に、そのとおりでした。読了したのは、『夢は9割叶わない』と『サラリーマンは早朝旅行をしよう!平日朝からとことん遊ぶ「エクストリーム出社」』の2冊。達成率50%。僕にしては、十分に合格点(笑)。
 
 



で、読書メモ。まずは一冊目。

『新しい市場のつくりかた』の著者である三宅秀道先生がコーディネーターを務める川崎市産業振興財団さん主催「平成26年度商品開発研究会」でご一緒している「しーなねこ」さん(@shiinaneko)こと、椎名隆彦さんたちの著書。




感想は、とにかく楽しいキモチになる一冊でした!

僕は「日常をゲーム化」という言葉が好きなのですが、ゲーム化した日常が詰まった一冊。日常はつまらないのではなくて、実は楽しいもの。特に平日は楽しむ可能性に溢れている。休日は「何かやらなくっちゃ」という義務感もあって期待値が高まる分、楽しい時間を過ごしても満足しないことがあったりする。その分、平日は期待値が低い分、ちょこっと変化を加えるだけでも、すっごく満足できる。CS (Customer Satisfaction; 顧客満足) の理に適った楽しみ方ですね。

CS(顧客満足) = 実績評価 − 事前期待
 
夏季休暇を終えたらエクストリーム出社してみようかな。


<気になったキーワード>

  • 朝活とエクストリーム出社は違う。自己啓発などスキルアップが目的の朝活。やりたいことをとことん楽しむのがエクストリーム出社。
  • 出社時刻という明確なタイムリミットがあるので集中して楽しめる!
  • エクストリーム出社の基本ルール「遅刻や午前半休はもっとも恥ずべきこと」「他人や社会に迷惑をかけない」「無理をしない」「できるだけ楽しむ」「ユニークな出社を追求する」
  • エクストリーム出社の合言葉は「Just Do it. (とにかくやってみよう!)」
  • 朝5時半から山道を登り、湧き水でカルピスを作って飲んだり、湧き水を沸かしてカップ麺を作って食べたり(笑)。

<構成>

はじめに
第1章 エクストリーム出社のきっかけ
第2章 ちゃっかり遊んできっちり仕事
第3章 インドア系から始めてみよう!
第4章 タウン系でキメてみよう!
第5章 トリップ系を極めよう!
おわりに
 

 

サラリーマンは早朝旅行をしよう!   平日朝からとことん遊ぶ「エクストリーム出社」 (SB新書)

サラリーマンは早朝旅行をしよう! 平日朝からとことん遊ぶ「エクストリーム出社」 (SB新書)

 
サラリーマンは早朝旅行をしよう!  平日朝からとことん遊ぶ「エクストリーム出社」 (SB新書)

サラリーマンは早朝旅行をしよう!  平日朝からとことん遊ぶ「エクストリーム出社」 (SB新書)