BLOG

『壇蜜日記』に触発されて日記を綴ることにした。twitterやfacebookとは別に、毎日日記を書くことの大変さは理解しているが、敢えてチャレンジしてみる。ブログを書きながら実感しているが、僕にとって書くことは心身共に大きな疲弊を伴う。それだけ集中し、言葉を選んでいるからだと思う。日記を続けることで、この疲弊は解消されるのか試してみたい。

【日記】2015年1月20日(火)「身近な物語、身近なヒーロー」

『新しい市場のつくりかた』の著者である三宅秀道先生がコーディネーターを務める「新商品開発研究会」のみなさんとの新年会。メンバーのお一人が『ガイアの夜明け』に出演され、パブリックビューイングしながら楽しい時間を過ごさせていただきました。

イノベーション事例となる物語は身近にあり、ヒーローも近くにいることを体感した今夜でした。決して遠いどこかの誰かの物語ではないんですよね。