BLOG

『壇蜜日記』に触発されて日記を綴ることにした。twitterやfacebookとは別に、毎日日記を書くことの大変さは理解しているが、敢えてチャレンジしてみる。ブログを書きながら実感しているが、僕にとって書くことは心身共に大きな疲弊を伴う。それだけ集中し、言葉を選んでいるからだと思う。日記を続けることで、この疲弊は解消されるのか試してみたい。

【日記】2015年10月24日(土)「積み重ね」

100Km歩け歩け大会から1週間。1週間前の今頃は、暗闇の中、ただひたすらに仲間と歩いていました。

 

あれから1週間後の今日。

コスギフェスタ2015では、横浜銀行に勤める兄が初めて協賛して行員の方々と共にイベントをサポート。そんな兄から「いろいろありがとうね。店として、地域貢献できて良かったよ。若い行員も勉強なったと思います。」という、うれしいメッセージ。

 

夜は、一般社団法人企業間フューチャーセンターの代表理事である若松さんの結構披露パーティ。企業間フューチャーセンターを牽引する若きリーダー。イマドキのリーダーとして求められる優しさや柔軟さを感じるパーティでした。

 

一歩一歩、歩んできたからこその今日だったと感じている今夜です。

そんな歩く姿を、僕が知らない間に撮影してくれていたみたい。先週の100Km歩け歩け大会で歩いている姿。感謝です。

 

 

f:id:katuhiko0821:20151025004859j:plain