BLOG

『壇蜜日記』に触発されて日記を綴ることにした。twitterやfacebookとは別に、毎日日記を書くことの大変さは理解しているが、敢えてチャレンジしてみる。ブログを書きながら実感しているが、僕にとって書くことは心身共に大きな疲弊を伴う。それだけ集中し、言葉を選んでいるからだと思う。日記を続けることで、この疲弊は解消されるのか試してみたい。

【日記】2017年6月17日(土)「不安な個人、立ちすくむ国家」

今年1年間、毎月第三土曜日はCSVフォーラム。総務大臣補佐官 太田直樹さんによる「コミュニティからのイノベーション」の話。太田さんの話や経産省若手プロジェクトの「不安な個人、立ちすくむ国家」を通じての気づきを共有。
●大きな社会課題への企業の小さな関わり方。ある意味、失敗が許される若手の打席づくりが、持続的な社会や企業への種蒔きに。
●企業内の腐ったオッサンの地域での再活用&再活躍。そして、実は腐っていないことを証明。

 

f:id:katuhiko0821:20170617135729j:plain

 

togetter.com