BLOG

『壇蜜日記』に触発されて日記を綴ることにした。twitterやfacebookとは別に、毎日日記を書くことの大変さは理解しているが、敢えてチャレンジしてみる。ブログを書きながら実感しているが、僕にとって書くことは心身共に大きな疲弊を伴う。それだけ集中し、言葉を選んでいるからだと思う。日記を続けることで、この疲弊は解消されるのか試してみたい。

『ソーシャルデザイン−社会をつくるグッドアイデア集』(グリーンズ)

書店で表紙だけでなく全ページがライトブルー・ライトグリーンの色合いなのが気になって購入した『情報の呼吸法』(津田大介)と『ソーシャルデザイン』(グリーンズ)。
2冊目となる『ソーシャルデザイン』は、グリーンズ(greenz.jp)によるタイトルどおり「ソーシャルデザイン」をテーマにした一冊。

あらゆる価値観が再定義されて、「ニュー・ノーマル」という新しいライフスタイルが立ち上がりつつある今、この「ニュー・ノーマル」を作っているのは個人だったり、マイクロプロジェクトであることを再認識しました。自分も社会の問題解決に貢献できるという勇気を得られる一冊。オススメです。

ソーシャルデザインを通じて、行き詰ってしまった「古い当たり前」を「新しい当たり前」にイノベートした事例が多々掲載されています。そこに存在するのは、「人」「人」「人」。

ソーシャルデザインで大切だと感じたことは大きく2つ。
① 「自分の周りをよりよいものにしたい」という個人的な思いを持ち、行動に移すこと。
② ・・・とは言いつつ、行動に移す勇気や、行動を継続する忍耐力がいる。その際、プロジェクトだけでなく、その背景にあるストーリーを一緒に語ることで、ストーリーに共感してくれた方が「何か手伝えることがない?」と声をかけてくれて「仲間」になり、大きく前進する。

あと、ソーシャルデザインを含めて教育についても綴られていました。デザイン思考について。
「1+4=○」を教えるのが日本の教育、「○+△=5」を教えるのが海外の教育。一つの正解を求めるのではなく、実は一つの正しい答えなんかないというリアルな現実。これからは「正解」でなく「問いかけ」が重要になってくる。本当にそう思います。

ステキな一冊でした♪


��構成>
第1章 「自分ごと」から始める
第2章 「これからの○○」をつくる
第3章 行動をデザインする
第4章 「新しいあたりまえ」になる

��応援したい、気になった活動等>
おばあちゃんを指名してカスタムメイドするニットブランド「ゴールデン・フック」
「うわさ」の力で街を賑やかにするアートイベント「八戸のうわさ」
バルセロナに住む人々に風船で「ありがとう」を届けた男
タバコの代わりにシャボン玉を一服する「東京シャボン玉倶楽部」
●スピードを「守った」人に宝くじが当たる「スピード・カメラ・ロッタリー」
究極の環境PR。1枚のチラシで28万人にプロモーションした2匹のパンダ
街ぐるみでオープンな子育てを実践する「まちの保育園」
秋田のイケメン若手農家が挑戦するソーシャルな農家「トラ男」
街が一変するデザインで投票率を上げた「KOTOBUKI選挙へ行こうキャンペーン」
●途上国の電力不足を解決する自家発電型サッカーボール「ソケット」
「生まれ変わる」ための復興プロジェクト「石巻2.0」
●一夜の内に荒れ地が楽園になる「ゲリラ・ガーデニング
「オリガミ×モッタイナイ」文化から生まれた「四万十川新聞バッグ」

ソーシャルデザイン (アイデアインク)/著者不明

�987
Amazon.co.jp