BLOG

『壇蜜日記』に触発されて日記を綴ることにした。twitterやfacebookとは別に、毎日日記を書くことの大変さは理解しているが、敢えてチャレンジしてみる。ブログを書きながら実感しているが、僕にとって書くことは心身共に大きな疲弊を伴う。それだけ集中し、言葉を選んでいるからだと思う。日記を続けることで、この疲弊は解消されるのか試してみたい。

ピープルデザイン川崎プロジェクト第一弾「夏休み!ピープルデザインシネマ」

川崎市まちづくりで包括協定を締結したピープルデザイン研究所さんによる、ピープルデザイン川崎プロジェクト第一弾「夏休み!ピープルデザインシネマ」に望来(娘)と一緒に参加。「こすぎの大学」枠で招待していただきました。うれしいことです♪

映画は『グレートデイズ!―夢に挑んだ父と子―』。
車いすの生活を送る息子と、父がトライアスロンに挑戦。息子との接し方がわからない父は最初は拒むのですが、息子の友人たちから「トライアスロンの“水泳”“自転車”“マラソン”は、車いす生活の僕らの夢なんだ」という言葉もあり、挑戦することに。そして、ゴール!父も息子も、応援する家族や友人、全員がカッコイイ作品でした。




「“普通”とか“一般人”って何?」ということも考えさせられる作品でした。
一人ひとり違うのが普通であり、一人ひとりが助け合って、補い合うのが普通な状態。そんな社会って最高にカッコイイですね!

僕に続き、望来もコミュニケーションチャームを購入。さすが女の子。すぐに三つ編みバージョンにアレンジしちゃってました。




望来の夏休みも残り2日。映画の字幕を全て読めなかったはずですが、きっと何か感じたものがあるはず。ご招待いただき、ありがとうございました!





ピープルデザイン川崎プロジェクト 第一弾 「夏休み!ピープルデザインシネマ」開催!
http://www.peopledesign.or.jp/event-detail/?id=1447864072141871

映画『グレートデイズ!―夢に挑んだ父と子―』
http://greatdays.gaga.ne.jp/