読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BLOG

『壇蜜日記』に触発されて日記を綴ることにした。twitterやfacebookとは別に、毎日日記を書くことの大変さは理解しているが、敢えてチャレンジしてみる。ブログを書きながら実感しているが、僕にとって書くことは心身共に大きな疲弊を伴う。それだけ集中し、言葉を選んでいるからだと思う。日記を続けることで、この疲弊は解消されるのか試してみたい。

【日記】2017年2月10日(金)「心のバリアフリー」

今夜は、第48回「こすぎの大学」。先生役はピープルデザイン研究所 田中真宏さん。テーマは「武蔵小杉で心のバリアフリー」。

 

懇親会で26時頃まで語る個々人の思い。一人ひとりの心。多様性。自分の中にも多様性がある。「心のバリアフリー」というテーマでしたが、心のバリアフリーを実際に実現するのは難しいと感じた懇親会の場でした。だからこそ、いつもより遅くまで、お互いに相手の心を知ろう、相手を受け止めようとするみんなの優しさがゆっくりと流れた時間だとも感じました。

 

ピープルデザインの活動を通じての変化を田中さんは「相手の立場になって考えるようになった」と語っていました。田中さんの優しさや誠実さを通じて、相手の立場に立てる前提は、自分自身を好きでいること、自己肯定感なんだろうとも感じた今夜の「こすぎの大学」でした。ありがとうございました。

 

f:id:katuhiko0821:20170210201630j:plain