公ではブランド戦略を、私では地域デザインを。

『壇蜜日記』に触発されて日記を綴り続けた1260日の記録。仕事の新しいプロジェクト対応で日記を中断した2018年4月。公私混合(Work Life Integration)を掲げながらも公私がバラバラになった日記最後の日。ブログのタイトル変更と共に、また、公私混合な日々を取り戻していく。 公ではブランド戦略を、私では地域デザインを。Work Life Integration. Brand Strategy & Social Design.


多摩川沿いに住む47歳。公(NEC)ではブランド戦略を、私(川崎)では地域デザインを生業にしています。2020年の目標は「体幹を鍛える」。2019年に掲げた「丁寧に時間を過ごす」を継続し、自分の軸を意識しながら身体・思考・行動・時間のすべてにおいてバランスよく過ごす一年にします。

https://www.katsuhiko0821.com


こすぎの大学

パワポに向かってるだけや一度だけのワークショップだけでは未来を創造できない

2017年度からスタートしたNEC未来創造会議。3年目となる2019年度の活動を一覧できます。ぜひ、ご覧ください。 future.nec ひとつひとつの活動を鮮明に思い出すことができます。どれもが印象深く、しかも、単発で終えなかったことがうれしいですし、こだわり…

「できないことを体験する」で得た気づき「相互扶助の自然発生」

川崎市が推進する「かわさきパラムーブメント」。その一つの施策である「かってにおもてなし大作戦」。いよいよ、僕が担当する小杉・新城会場の本番の日。 2/22(土)川崎会場(鹿島田駅前広場)2/23(日)小杉・新城会場(武蔵新城 PASAR BASE他)2/29(土…

Venture Cafe Tokyo “Thursday Gathering”「Social meets Entertainment - エンターテイメントは世界の未来を変えられるのか」

NEC未来創造会議で出逢ったproud story 知夏七未さんたちが3/12-22にインドネシアのバンドン市で開催する「SCUAD」イベント。Social Culture Action for Developmentの略称。NEC未来創造会議(NEC)も協賛しています。 本日(2/20)、プレイベントとしてVent…

Shiritori in Silence 三禁・絵しりとりを楽しもう

川崎市が推進する「かわさきパラムーブメント」。その一つの施策である「かってにおもてなし大作戦」。今年も川崎各地でマイプロジェクトがお披露目されます。 2/22(土)川崎会場(鹿島田駅前広場)2/23(日)小杉・新城会場(武蔵新城 PASAR BASE他)2/29…

コミュニティの温故知新

まちづくりカフェたかつ。とても温かい空間。こまちぷらす 大塚朋子さんから優しいメッセージ。川崎市が推進している新しいコミュニティ施策「まちのひろば」。こういう空間や時間の過ごし方が日常にある豊かさ。スタートして、まだ30分も経っていないのに幸…

競争より応援することを大切にしたい

第87「こすぎの大学」の先生役はGrowSports代表理事 田口祐貴さん。現役の800メートルランナーであり、同時にスポーツを通じて「心と身体の成長」を伝え続ける27歳。数々の体験から発せられる言葉は深みがあるし響きました。陸上競技は孤独を感じる個人競技…

交流型イノベーターという肩書きに誇りを感じながら活動しています

久々の内閣府。初めて訪問したのが2014年8月。ポロシャツで受付したら「本当にNEC?」と言われて「はい、そうです」「スーツ以外の人を見たことがなかったから」というやりとりがあったのを思い出します。 なので、今日はスーツで来庁。スムーズに入庁できま…

持続性を高めるための柔軟性

2013年9月に開校したこすぎの大学。あっという間に6年目。 授業スタイルは、先生役のお話しの後に、参加者全員がワールドカフェ形式で気づきを共有すると共に武蔵小杉を楽しむためのアイデア創出というのが定番のフォーマット。ただし、昨年からはアレンジす…

こすぎの大学のホームページをリニューアル

こすぎの大学のホームページをリニューアルしました。こすぎの大学を開校したのが2013年9月、ホームページを開設したのが2014年2月。開設以来、デザイン変更をしておらず、6年を経て初めてのリニューアル。 ホームページ制作に使用しているサービスはjimdo。…

二枚目の名刺で挨拶する頻度を計算したら感謝の気持ちでいっぱいに

公私を融合させた(公私混合)な楽しみ方や働き方を探求し続けている僕ですが、その一つの証として二枚目の名刺があります。 僕の最初の二枚目の名刺は「企業間フューチャーセンターLLP」。当時、名刺のデザインも担当。 その後、「こすぎの大学」の名刺も作…

夢は追っていいのか?「答えは一つではない」という言葉に大人が救われた。

8月からゲストメンターとして参加していた「川崎ワカモノ未来PROJECT」。高校生が考えて実践したマイプロジェクトの数々を12月のハナサクPresentationで発表し、プロジェクトとしては終了。 katuhiko0821.hatenablog.com 一部のマイプロジェクトは継続して実…

アイデアをアクションに繋げていくために【2020年バージョン】

昨年11月のNECの公開空地を活用した「しもぬまべこどもナイト」を踏まえて、継続的な活動にするためのワークショップを開催。下沼部地区の町内会や子ども会などから多くの方々に集まっていただきました。 www.itscom.co.jp 思い出すのは2年前のNECとこすぎの…

「絵を描くのは苦手」と言えるのに、「仕事が苦手」と言えないのは何故?

グラフィックコミュニケータの本園大介さん。 こすぎの大学でもグラレコをしていただいたりと仲間であり、恩人。そして、グラレコの楽しさや魅力を教えてくれた先生です。 2017年5月の第52回「こすぎの大学〜武蔵小杉を可視化する〜」に先生役として登壇いた…

アイデアをアイデアで終わらせずアクションに繋げることに拘り続けたからこそ

NECのfacebookで連続投稿中のNEC未来創造会議の記事。 2017年度からスタートしたNEC未来創造会議。2017年度は国内外の有識者による会議が中心、2018年度は公開オーディション形式で募った未来創造プロジェクトを立ち上げて有識者会議の問い&仮設を立案、201…

こすぎの大学、アイヌ、東京オリンピック・パラリンピック

2020年最初のこすぎの大学。テーマは「武蔵小杉とアイヌ文化」。先生役はアイヌ文化伝承者 惠原詩乃さん。幼少期の惠原さんは自分がアイヌであることを隠していたとのこと。アイヌが差別され、貧困の連鎖から抜け出せなかった悲しい歴史があるのが理由とのこ…

かわさき市民活動センターの大判印刷機

いつも活用させていただいているかわさき市民活動センターの大判印刷機。登録団体だと気軽にリーズナブルに使用できるのでオススメ。A1サイズのカラー印刷は800円。いくつかの使用事例の写真を送ったのですが、9月の「働く人のストレス解消!武蔵小杉駅前ス…

まちづくりカフェたかつ「コミュニティを通じて変化した街への愛着」

3月14日(土)まちづくりカフェたかつにゲストスピーカーとして参加します。テーマは「コミュニティを通じて変化した街への愛着」。ホワイトデーということもあり、これまでの感謝の気持ちをお返しするのに良いタイミング。 ご興味&お時間がありましたら、…

こすぎの大学、100回に向けて

2020年のこすぎの大学。2013年9月に開校して6年が過ぎました。2020年1月は第86回。毎月1回ずつの開催なので2020年12月は第97回。2021年3月に100回目を迎えるんですね。継続は力なり。継続するコツも経験値として自信を抱いて言えるようになりました。 一人で…

第85回「こすぎの大学~武蔵小杉の令和元年を紙芝居で振り返る~」

昨日のこすぎの大学のタイトルは「武蔵小杉の令和元年を紙芝居で振り返る」。先生役はこくごレストラン 笹山麻美さん。笹山さんの紙芝居を見たり、参加者全員で4コマ紙芝居を作って発表したり。そんな様子をグラレコ。今年のはじめの頃はテキレコ(テキスト…

川崎ワカモノ未来PROJECT2019

川崎ワカモノ未来PROJECT2019。今年で4年目の活動。僕は今年からゲストメンターとして仲間に入れていただきました。8月のキックオフで高校生が考えたマイプロジェクトのアイデア。あれから4か月。今日のハナサクPresentationでは、アイデアをアクションに繋…

川崎の今昔を語る夕べ

11/21(木)開催、川崎市市民文化局市民文化振興室主催「川崎の今昔を語る夕べ」の様子が掲載されました。 www.kawasaki-movie-archive.com 当日のスピーカーは3人。僕からは台風19号の経験を通じての気づきを、こすぎの大学の過去授業と川崎市映像アーカイ…

定時制高校の生徒たちとのワークショップ

今夜は高津高校(定時制)の生徒たちと一緒にワークショップ。TEAM NETSUGENという川崎のおせっかいな大人たち。ポケモンGOでなく、NETSUGEN GOというカードゲームを作って、高校生が行きたくなるイベントや天災への対処方法を川崎の大人たちの職業や特性を…

かわさき市民活動センター「U-50」インタビュー

かわさき市民活動センターによる「U-50」インタビュー。47歳で若手と言われることに照れると共に、バトンを渡してくださった福地真吾さんに感謝。そして、僕はハイパー顔ハメクリエイターの佐藤由紀(deco)さんにバトンを渡しました。元住吉→武蔵小杉→新丸…

川崎ワカモノ未来PROJECT(カワプロ)、その後

先日(8/3)、アドバイザーとして参加したレポート。高校生の輝かしい笑顔が眩しいです。今年の8月は3回高校生向けのイベントがあります。高校生は何を期待しているのか?、高校生に何を伝えるべきなのか?を考えている夏季休暇です。 myprojects.jp

川崎ワカモノ未来PROJECT(カワプロ)

高校生が川崎のまちを舞台に、自分でプロジェクトを企画し実行する「川崎ワカモノ未来PROJECT」。ずっと気になっていたプロジェクト。今年、ご縁を頂戴してアドバイザーとして参加させていただくことになりました。うれし♪ プロジェクトを牽引する川崎市市民…

武蔵小杉デビュー記念日、そして、出会い記念日

2013年5月13日。僕が武蔵小杉デビューした日です。今から6年前の出来事。6355の保崎さんが主宰する「こすぎナイトキャンパス読書会」に初参加した日。課題図書は『はなぼん』(著:花井裕一郎さん)。ここで保崎さんや大坂さん、眞智子さん、国谷さんと出会い…

ゴールデンウィーク8日目

日テレ主催「ゴールデンまなびウィーク」のスペシャルイベント「日テレが考える自分らしく働く人になるためのキャリアプログラム」で、東京女子学園さまが2020年度から新設する「未来創造コース」を発表。同時に協力企業としてNECを紹介していただきました。…

川崎100人カイギVol.2

川崎100人カイギVol.2で「公ではブランド戦略を、私では地域デザインを。」をテーマにプレゼンテーションさせていただきました。 肩書きは「こすぎの大学」でなく、「日本電気株式会社(NEC)」。100人カイギというタイトルが示すように「人」にフォーカスして…

自分が住まう街での地域デザイン「こすぎの大学」(その11)~全国のソーシャル系大学が集結

僕が住まう街、神奈川県川崎市。その川崎市で急速に再開発が進む街、武蔵小杉。僕は、武蔵小杉で2013年9月から「こすぎの大学」というソーシャル系大学を仲間と企画運営しています。 「こすぎの大学」は、毎月第2金曜日の夜、武蔵小杉に住んでいる・勤めてい…

大雪でも実施した「こすぎの大学」

今から5年前のバレンタインデーは大雪でした。忘れられない一日。デキリーマン風からダメリーマン風に一変した一日。 3x3Laboでリモートワークをし、夜は「こすぎの大学」。帰宅難民にならないように東京でのイベントの多くが中止となる中、地元だからこそ開…