公ではブランド戦略を、私では地域デザインを。

『壇蜜日記』に触発されて日記を綴り続けた1260日の記録。仕事の新しいプロジェクト対応で日記を中断した2018年4月。公私混合(Work Life Integration)を掲げながらも公私がバラバラになった日記最後の日。ブログのタイトル変更と共に、また、公私混合な日々を取り戻していく。 公ではブランド戦略を、私では地域デザインを。Work Life Integration. Brand Strategy & Social Design.


多摩川沿いに住む46歳。公(NEC)ではブランド戦略を、私(川崎)では地域デザインを生業にしています。2019年の目標は「丁寧に時間を過ごす」。2018年に掲げた「熱量」。熱量高く過ごせた一方で大切な何かを置き去りにしてしまったのも事実。自分自身と家族のためにも丁寧に時間を過ごす一年にします。

http://www.katsuhiko0821.com


こすぎの大学

川崎ワカモノ未来PROJECT(カワプロ)、その後

先日(8/3)、アドバイザーとして参加したのレポート。高校生の輝かしい笑顔が眩しいです。今年の8月は3回高校生向けのイベントがあります。高校生は何を期待しているのか?、高校生に何を伝えるべきなのか?を考えている夏季休暇です。 myprojects.jp

川崎ワカモノ未来PROJECT(カワプロ)

高校生が川崎のまちを舞台に、自分でプロジェクトを企画し実行する「川崎ワカモノ未来PROJECT」。ずっと気になっていたプロジェクト。今年、ご縁を頂戴してアドバイザーとして参加させていただくことになりました。うれし♪ プロジェクトを牽引する川崎市市民…

武蔵小杉デビュー記念日、そして、出会い記念日

2013年5月13日。僕が武蔵小杉デビューした日です。今から6年前の出来事。6355の保崎さんが主宰する「こすぎナイトキャンパス読書会」に初参加した日。課題図書は『はなぼん』(著:花井裕一郎さん)。ここで保崎さんや大坂さん、眞智子さん、国谷さんと出会い…

ゴールデンウィーク8日目

日テレ主催「ゴールデンまなびウィーク」のスペシャルイベント「日テレが考える自分らしく働く人になるためのキャリアプログラム」で、東京女子学園さまが2020年度から新設する「未来創造コース」を発表。同時に協力企業としてNECを紹介していただきました。…

川崎100人カイギVol.2

川崎100人カイギVol.2で「公ではブランド戦略を、私では地域デザインを。」をテーマにプレゼンテーションさせていただきました。 肩書きは「こすぎの大学」でなく、「日本電気株式会社(NEC)」。100人カイギというタイトルが示すように「人」にフォーカスして…

自分が住まう街での地域デザイン「こすぎの大学」(その11)~全国のソーシャル系大学が集結

僕が住まう街、神奈川県川崎市。その川崎市で急速に再開発が進む街、武蔵小杉。僕は、武蔵小杉で2013年9月から「こすぎの大学」というソーシャル系大学を仲間と企画運営しています。 「こすぎの大学」は、毎月第2金曜日の夜、武蔵小杉に住んでいる・勤めてい…

大雪でも実施した「こすぎの大学」

今から5年前のバレンタインデーは大雪でした。忘れられない一日。デキリーマン風からダメリーマン風に一変した一日。 3x3Laboでリモートワークをし、夜は「こすぎの大学」。帰宅難民にならないように東京でのイベントの多くが中止となる中、地元だからこそ開…

川崎市×NEC×こすぎの大学

川崎市中原区地域振興課さん主催「Le Santeプロジェクト」ワークショップ。 これまでの検討会は中原区役所の会議室で開催していましたが、今回、ワークショップ形式での実施、場所を変えて新たな気持ちでワークショップしたいとリクエストいただき、NECの共…

武蔵小杉×NEC=ダンスラボラトリー? その結果は?

1/24(木)に初練習し、3日後となる今日、いよいよというか、あっという間に本番当日を迎えました。 朝8:20に集合し、午前中はダンスラボラトリーさん・NEC有志のみなさんと合同練習。休憩時間も僕は自主練。リズム感がない僕でも練習を重ねる度に少しずつ上達…

武蔵小杉×NEC=ダンスラボラトリー?

今週末、1/27(日)のNECレッドロケッツのホームゲームのハーフタイムに踊ります。こすぎの大学にも参加してくださっている園部さん率いるダンスラボラトリーさん、そこで音楽を担当されているNECの長谷川貴司(DJ Vodka)さん。今日、長谷川さん直々にダンスレ…

オトナな十人十色の新年の抱負

2013年9月に開校した「こすぎの大学」。昨年は5周年という一つの節目を迎えました。 「こすぎの大学」を通じて何を目指していますか?と聞かれることが多々あります。自分が住まう街を知りたい、自分の住まう街の仲間と知り合いたい、自分の住まう街で友人を…

地元を愛する家族の影響

昨日は横浜の実家で新年の挨拶。両親と兄の家族と一緒に新年の団らんを楽しんだ一日でした。家族とはあまり多くを語らないのですが、言葉の数は少なくても家族だからこそ感じ合うことは多々あります。そのような中、父と兄の言葉で印象的だったのが地元愛で…

地元の楽しみ方を川崎市内外で伝えた2日間

昨夜(12/19)はTIP*S主催「地域&ハッピーワークショップゲストが大集合!TIP*S収穫祭」、今夜(12/20)は川崎市都市ブランド推進事業の説明会に参加。 2年前、2016年9月にTIP*S主催「第5回 地域のサードプレイスを考える」で「こすぎの大学」を紹介する機会を…

正しいことを正しくでなく、面白く伝える大切さ

川崎市オリンピックパラリンピック推進室主催「かってにおもてなし大作戦!」。Tokyo2020を契機にし、川崎をコミュニティでシビックプライドに溢れる街にするための施策。オリンピックレガシーと言われる価値づくり・文化づくりに国をはじめとして、市町村や…

【日記】2018年3月22日(木)「ハイサワー」

「こすぎの大学」、10個目の部活動「ハイサワー部」。そのプレイベント。言葉は少な目でも通じ合える仲間がいることのうれしさを感じた時間でした。今日もありがとうございました! #ハイサワー #こすぎの大学 #武蔵小杉

【日記】2018年3月19日(月)「新しい試み」

2017年の新しい試みだった「部活動」に関して、先日の第63回「こすぎの大学~武蔵小杉とこすぎの大学と部活動~」のパネルディスカッション内容も交えながらハフィントンポストに寄稿しました。 自分が住まう街での地域デザイン「こすぎの大学」(その9)~人…

【日記】2018年3月13日(火)「ノウハウ集」

「こすぎの大学」を通じて得られたコミュニティの企画運営に関するノウハウ集。一昨年に新規作成した時は19個のノウハウ。昨年6個追加、そして、今年4個追加して合計29個になりました。作成しながら、僕は暗黙知を形式知に変換する行為が好きなんだと感じま…

【日記】2018年3月10日(土)「本園大介さんに感謝」

昨日の第63回「こすぎの大学~武蔵小杉とこすぎの大学と部活動~」。一夜明けて冷静になると、昨日の高揚感や気づきの感触はあるものの、感触の中身がフワフワってしてしまうことがある。そんな時に中身を鮮明に思い出させてくれる本園大介さんによるグラレ…

【日記】2018年3月5日(月)「応援」

HELLO! SHONANで出会った方々がチャレンジしている2つのクラウドファンディングに僅かながらですが支援しました。緩いツナガリながらも、応援する相手、応援していただける相手がいることはうれしいことだと感じている今日です。

【日記】2018年3月4日(日)「街育」

放課後NPOアフタースクールさんとのコラボイベント「街育」第2弾。今回も佐藤さん・柳橋さん・岡本のNECな3人で対応。端材が積み木に、積み木が街になりました。この一週間、端材からの過程を見続けた故に感慨深かったです。創意工夫すれば何でもできますね…

【日記】2018年3月2日(金)「街育と木育、そして、NEC。」

昨日の木育デザインフォーラムから、今日は中原工房さんに。明後日、日曜日の放課後NPOアフタースクールさんとの「街育」第2弾に向けた準備。端材を切断して、ヤスリで面取り。端材が優しい積み木に変身。本番の明後日は、川崎の武蔵小杉にオフィスがあるNEC…

【日記】2018年2月21日(水)「パパノセナカ」

これから「こすぎの大学」のパパ部。今日は笑いあり、涙ありのパパノセナカがプロデュース。ホッピーで威厳のある父親像を演出すべく、ウォーミングアップ。なんだかんだで青色な柔道着のフチ子さんも何人目でしょう...。目当てのフチ子さんは今日も出てきま…

【日記】2018年2月20日(火)「初めての中原工房」

ようやく念願の中原工房に行きました、行けました!モノづくりができる空間ってワクワクしますね♪3月4日(日)開催、街育プロジェクト第2弾の準備も着々と進行中です。

【日記】2018年2月19日(月)「Will-Can-Must」

100Km歩け歩け大会に参加するきっかけは鈴木利和さんの体験談に惹き込まれたからでした。そんな鈴木利和さんが主催するTTPS勉強会。TTPSは、徹底的にパクって進化させる、の略。 第45回TTPS勉強会「働き方を変えるシリーズ~Willを実現する場~」で、NECの仕…

【日記】2018年2月10日(土)「サードプレイス」

地域のサードプレイス巡りで今日は杉本さんが活躍される三崎に。 今までは家庭と会社が支配的だった、今はサードプレイスがある。従来は支配的な要因でなかったサードプレイスを牽引する方々だからこその楽しさと苦悩というか歯がゆさを素直に出し合えること…

【日記】2018年2月9日(金)「思いの伝播」

昨日(2/9)開催、第62回「こすぎの大学」。「武蔵小杉の水源地、山北町」と題して、先生役 島崎薫さんに山地酪農にかける思いを語っていただきました。「20代の私にできること」を通じて、多くの方々が挑戦するきっかけになりたいという言葉。過去は変えられ…

【日記】2018年1月22日(月)「大雪」

久々の大雪。4年ぶりらしい。思い出すのは、2014年2月の「こすぎの大学」の帰り道。すっごい大雪で帰宅後の姿は衝撃的でした。今夜もバスが全然来ないため、武蔵小杉から自宅まで歩いて帰宅。2014年2月の帰り道と比較すると気持ちが軽やかになりました(笑)。

【日記】2018年1月12日(金)「視点を変える」

2018年最初の「こすぎの大学」。今回のテーマは「海から眺める武蔵小杉」。東京湾から武蔵小杉は眺められない、見えないらしい。タワーマンションのてっぺんがおぼろげに見える程度とのこと。常識を疑う、視点を変えることで新しい発見があることを学んだ「…

【日記】2018年1月10日(水)「地元の仲間」

川崎市都市ブランド推進事業の説明会&交流会の後に懇親会。川崎の仲間と知り合えたこと、本音で語り合えること、そして、お互いがお互いを尊重しあっていること。そんな関係性が当たり前のようで、実は当たり前でなく、こんな関係性を築けたことに感謝する…

【日記】2018年1月6日(土)「こすぎの大学」

ハフィントンポストに「こすぎの大学」の記事を寄稿しました。第8弾のテーマは「参加者の変化」です。 <引用>2013年9月の開校以来、2017年末で合計60回の開催に至りました。コミュニティを企画運営していて頻繁に聞かれるのが「家庭や仕事もあるのに、どう…