BLOG

『壇蜜日記』に触発されて日記を綴ることにした。twitterやfacebookとは別に、毎日日記を書くことの大変さは理解しているが、敢えてチャレンジしてみる。ブログを書きながら実感しているが、僕にとって書くことは心身共に大きな疲弊を伴う。それだけ集中し、言葉を選んでいるからだと思う。日記を続けることで、この疲弊は解消されるのか試してみたい。

『壇蜜と西原理恵子の銭ゲバ問答/幸せはカネで買えるか』(著:西原理恵子&壇蜜)

今の姿は現実か夢か。過去に今より不幸せな状態にいたならば、今の状態を現実でなく夢と思った方がいい。再び、不幸せな状態に戻った時にショックが大きいから。そんな切なくもたくましい壇蜜さんと西原絵里子さんの対談でした。

他人の責任にしない。すべてを受け止める。自己責任。そして、他人や社会への感謝。今という夢を見せてくれている他人や社会が存在するのは、夢でなく現実。

 

気になったキーワード

●他人にどう思われようと、まずは自分が幸せになって、その幸せを家族に分ける。
●ねたまず、ひがまず、とりあえず毎日、無事で暮らせて、ご飯がおいしいというのは、すごく大事。
●他人に依存しないえ自分が自立していれば、それを見ている他人も楽しい。その楽しみを糧に自分もまた自立できる。
●ありのままに見せていいのはディズニー映画の中の雪の女王だけ。
●女性の怒りはポイントシステム。軽い一言が、ちょうど50ポイント目だと一気にキャッシュバックキャンペーンが始まる。
●やり逃げ人生、バックレ上等。
●大切にするのは自分だけの幸せ、猫、壇蜜としての社会とのつながり、仕事、給料で食べるウナギ。

 

 

壇蜜×西原理恵子の銭ゲバ問答「幸せはカネで買えるか」【文春e-Books】

壇蜜×西原理恵子の銭ゲバ問答「幸せはカネで買えるか」【文春e-Books】