BLOG

『壇蜜日記』に触発されて日記を綴ることにした。twitterやfacebookとは別に、毎日日記を書くことの大変さは理解しているが、敢えてチャレンジしてみる。ブログを書きながら実感しているが、僕にとって書くことは心身共に大きな疲弊を伴う。それだけ集中し、言葉を選んでいるからだと思う。日記を続けることで、この疲弊は解消されるのか試してみたい。

【日記】2017年7月29日(土)「雨の中のジョギング」

昨日のCreators' Talkのゲスト NHK出版 放送・学芸図書編集部 編集長の松島倫明さんが仰っていた「人間の野生性」。誰もが感じる自然の中にいると気持ちいいという感覚。ランニングシューズの発明で、人間が忘れてしまったつま先から走るという感覚。時には裸足で走ると良いと言われた昨夜。裸足では走れなかったけど、雨の中、走りました。プールに入っていると考えれば同じこと。一昨年に取り壊されてしまった等々力プールを思い出しながらのジョギング。雨で身体の熱量が抑えられて気持ちよかったです。

 

今年24回目のジョギング。3.77Km。20分28秒。

■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■
■■■■□□□□□□
□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□
2017年の総距離 130.16Km

 

f:id:katuhiko0821:20170729232119j:plain