BLOG

『壇蜜日記』に触発されて日記を綴ることにした。twitterやfacebookとは別に、毎日日記を書くことの大変さは理解しているが、敢えてチャレンジしてみる。ブログを書きながら実感しているが、僕にとって書くことは心身共に大きな疲弊を伴う。それだけ集中し、言葉を選んでいるからだと思う。日記を続けることで、この疲弊は解消されるのか試してみたい。

【日記】2015年11月22日(日)「兄と武蔵小杉で。」

娘とのお出かけを終えて武蔵小杉に戻ってきたら、川崎フロンターレの最終節を終えたファンたちで溢れかえっていた駅周辺。そんな中、頭が一つ飛び出した人が前から歩いてきて。お互いに頭が一つ飛び出したまま、笑顔でアイコンタクト。大好きな兄でした。頭が一つ飛び出していたからこそ、お互いに気づけたっぽい。

 

 

f:id:katuhiko0821:20151122190003j:plain