BLOG

『壇蜜日記』に触発されて日記を綴ることにした。twitterやfacebookとは別に、毎日日記を書くことの大変さは理解しているが、敢えてチャレンジしてみる。ブログを書きながら実感しているが、僕にとって書くことは心身共に大きな疲弊を伴う。それだけ集中し、言葉を選んでいるからだと思う。日記を続けることで、この疲弊は解消されるのか試してみたい。

【日記】2018年2月4日(日)「無意識を意識するということ。」

昨年末に捻挫をしてから初めてのジョギング。捻挫を繰り返さないように注意しながら慎重に走る。これまで何も意識しなかったことに意識を向ける。当たり前にできていたことが、当たり前にできなくなる。無意識を意識することは、自由を不自由にすることかもしれない。走り終えた後に、健康や家族、友人など、当たり前のことに感謝を感じたり。

 

今年1回目のジョギング。4.29Km。24分07秒。
■□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□
2018年の総距離 4.29Km

 

f:id:katuhiko0821:20180204215800j:plain