BLOG

『壇蜜日記』に触発されて日記を綴ることにした。twitterやfacebookとは別に、毎日日記を書くことの大変さは理解しているが、敢えてチャレンジしてみる。ブログを書きながら実感しているが、僕にとって書くことは心身共に大きな疲弊を伴う。それだけ集中し、言葉を選んでいるからだと思う。日記を続けることで、この疲弊は解消されるのか試してみたい。

【日記】2015年3月25日(水)「オトナの僕が実践できているか?」

娘の小学3年生という生活も今日が最後。終業式を終えて、通知表を持ち帰ってきました。通知表に書かれている先生の評価を読む限り、小学校でも娘らしく過ごせているようでホッとしました。

 

通知表に記載されているのは「学習」と「生活」の評価。「生活」は10の観点で評価されています。

 

オトナの僕が実践できているか?

そもそも、意識しているか?

 

  1. 基本的な生活習慣
    安全に努め、物や時間を有効に使い、礼儀正しく節度のある生活をする。
  2. 健康・体力の向上
    心身の健康に気をつけ、運動をする習慣を身に付け、元気に生活をする。
  3. 自主・自律
    自らの目標をもって進んで行い、最後までねばり強くやり通す。
  4. 責任感
    自分の言動に責任をもち、自分でやろうと決めたことは最後まで行う。
  5. 創意工夫
    自分でよく考え、課題意識をもって工夫し取り組む。
  6. 思いやり・協力
    相手の気持や立場を理解して思いやり、仲よく助け合う。
  7. 生命尊重・自然愛護
    生命あるものを大切にし、生命や自然のすばらしさに感動する。
  8. 勤労・奉仕
    働くことの大切さを知り、みんなのために進んで働く。
  9. 公正・公平
    相手の立場に立って公正・公平に行動する。
  10. 公共心・公徳心
    約束や社会のきまりを守って公徳を大切にし、人に迷惑をかけないように心がけ、のびのびと生活する。

 

 

f:id:katuhiko0821:20150326005111j:plain