公ではブランド戦略を、私では地域デザインを。

『壇蜜日記』に触発されて日記を綴り続けた1260日の記録。仕事の新しいプロジェクト対応で日記を中断した2018年4月。公私混合(Work Life Integration)を掲げながらも公私がバラバラになった日記最後の日。ブログのタイトル変更と共に、また、公私混合な日々を取り戻していく。 公ではブランド戦略を、私では地域デザインを。Work Life Integration. Brand Strategy & Social Design.


多摩川沿いに住む47歳。公(NEC)ではブランド戦略を、私(川崎)では地域デザインを生業にしています。2020年の目標は「体幹を鍛える」。2019年に掲げた「丁寧に時間を過ごす」を継続し、自分の軸を意識しながら身体・思考・行動・時間のすべてにおいてバランスよく過ごす一年にします。

https://www.katsuhiko0821.com


持続性を高めるための柔軟性

2013年9月に開校したこすぎの大学。あっという間に6年目。

授業スタイルは、先生役のお話しの後に、参加者全員がワールドカフェ形式で気づきを共有すると共に武蔵小杉を楽しむためのアイデア創出というのが定番のフォーマット。ただし、昨年からはアレンジすることが増えてきてバリエーションに富むようになってきました。

 

昨年(2019年)は、川崎市市民ミュージアム見学、フェリス女学院の大学生による武蔵小杉の今昔の記録紹介、ブレークスルー体験、価値観ババ抜き体験、スマイルコミュニケーション体験、紙芝居作成というように定番フォーマット以外の授業の方が多かったくらいです。

 

今年(2020年)も、アイヌ文化の体験会にはじまり、おにぎりワークショップやハンモックヨガ体験が予定されていて、さらにバリエーションが増え続けます。

 

持続性のあるコミュニティにするためには型(定番フォーマット)も必要ですが、型を外す柔軟性も大切なんだと実感しています。型があるからこそ、型を外した時の楽しさも倍増するんでしょうね。

 

f:id:katuhiko0821:20200212233846j:plain

 

www.kosuginouniv.com

www.kosuginouniv.com