公ではブランド戦略を、私では地域デザインを。

『壇蜜日記』に触発されて日記を綴り続けた1260日の記録。仕事の新しいプロジェクト対応で日記を中断した2018年4月。公私混合(Work Life Integration)を掲げながらも公私がバラバラになった日記最後の日。ブログのタイトル変更と共に、また、公私混合な日々を取り戻していく。 公ではブランド戦略を、私では地域デザインを。Work Life Integration. Brand Strategy & Social Design.


多摩川沿いに住む46歳。公(NEC)ではブランド戦略を、私(川崎)では地域デザインを生業にしています。2019年の目標は「丁寧に時間を過ごす」。2018年に掲げた「熱量」。熱量高く過ごせた一方で大切な何かを置き去りにしてしまったのも事実。自分自身と家族のためにも丁寧に時間を過ごす一年にします。

http://www.katsuhiko0821.com


2018年を振り返る②「今年の漢字」

第1回「こすぎの大学」のワークショップでも「武蔵小杉を表現する漢字一字」をお題にしたりと、僕は漢字一字で表現するのが好きです。

そんなこともあり、NECの仕事を通じての「今年の漢字」をグループメンバー/プロジェクトメンバーと紹介し合いました。

 

僕が在籍するブランド戦略というグループの仕事を通じては「渡」でした。

NECが取り組む社会価値創造型企業への変革。その取り組む姿を発信するNEC Vision。2016年度・2017年度とプロジェクトリーダーを通じて自分ができることはやりきったこともあり、2018年度は次の世代にプロジェクトリーダーを委譲しました。そして、彼は僕とは違う視点で新生NEC Visionを見事なまでに実現しました。

WHY(目標)が定まっているのに十分に実現できない場合、僕は「やり方を変えるか?人を変えるか?」を信条としています。今年のNEC Visionは正に“人を変える”ことで目標を達成することができました。僕では辿り着けなかった領域。

 

そして、NEC Visionのプロジェクトリーダーを委譲したことで、自分の役割がポッカリと空いたのですが、そこに一石を投じてくれたのが未来創造プロジェクトでした。呼吸に例えると、息を吐いたからこそ、新鮮な空気を吸えた感じ。OUTPUTするからこそ、INPUTできる。INPUTするにはOUTPUTが必要なんですね。

そんな未来創造プロジェクトを通じての漢字は「紡」でした。

NECは日本電気。人と人、人と社会の気持ちを繋ぐのがNECの価値であり、役割と伝え続けていました。未来創造プロジェクトを通じて、人と人、人と社会に加えて、人と未来の気持ちを繋ぐ、いや、紡ぐのだと考えるようになりました。繋ぐ(Connect)でなく、紡ぐ(Knit)。しなやかに強く編みこむ感じ。

 

グループメンバー、プロジェクトメンバー共に表現した「今年の漢字」は十人十色でした。同じ場所で同じ時間を過ごしても、それぞれ感じ方が違うのが不思議。不思議だけど、それが普通なんですよね。

 

来年は、どんな漢字を思いかべるんでしょう?

 

f:id:katuhiko0821:20181227013116j:plain